Valmet frontpage

紙料調成

紙料調成および古紙パルプ向けの最適化されたソリューション

バルメットでは、お客様の操業における紙料調成プロセスを理解するために世界レベルの専門知識を有しています。私たちの最新の紙料調成および古紙パルプ向けソリューションは、紙・板紙メーカーの皆様がエネルギーや水消費量を削減し、原材料コストを最小限に抑え、求められる最終製品品質を提供するのに役立ちます。

バルメットの世界的に実績のあるテクノロジーは、紙料調成に必要とされる様々なプロセスを含む、ベールハンドリングからヘッドボックスまでのすべてのニーズをカバーしています。経験豊かで技術力のある私たちのエキスパートが、初期計画からプロジェクト段階まで、また試運転やスタートアップを通じて連続生産に至るまで、お客様をサポートします。

Valmet-768x330-bale_handling.png

ベールハンドリング

安定した乾燥固形物の流れや最適なスラッシングの結果のための、効率的な原材料ハンドリング

ベールハンドリングについての詳細は バルメットグローバルサイト(英文)をご覧ください。

リファイニングおよびデフレーキング

リファイニングは、パルプ原料の繊維特性や強度などの最終的な紙の特性を開発する上で決定的な役割を果たします。また、抄紙機の走行性にも大きく影響します。最適なリファイニングは、工場の省エネにも大きな影響を与える可能性があります。

バルメットは、リファイニングテクノロジー、サービス、専門知識において、業界での世界的なリーダーです。研究開発や綿密な繊維分析、製品開発、エンジニアリング、セグメント設計などを通じてポートフォリオを拡大し続け、すべてのリファイニングアプリケーション向けに高性能でエネルギー効率の高いソリューションを提供しています。

Valmet-768x330-refining.png
Valmet-768x330-cleaning.png

パルプの洗浄およびハイドロサイクロン

バルメット ハイドロサイクロンは、粗い粒子を効率的に分離してスクリーン、デフレーカー、リファイナーなどの後続のプロセス機器を不純物から保護するために使用でき、プロセス機器の寿命を延ばします。

バルメットのハイドロサイクロン製品は、砂、ガラス、金属、インク、特定の不要な有機物、プラスチック、ワックス、発泡スチロールなどの不要な粒子を 50ミクロンまで除去します。これらのシステムは、プレッシャースクリーンのような他のバルメット製品と連携して、このような粒子を最適に除去します。

パルプの洗浄およびハイドロサイクロンについての詳細は バルメットグローバルサイト(英文)をご覧ください。

損紙の処理

良好なスラッシング効率に加え、生産率の変動への対応能力は損紙の処理の主要要件の 1つとなります。この作業はシートが分解しやすいウェットエンドでは比較的簡単ですが、ドライエンドトリムや特にコート部分の損紙はスラッシングがより困難で、別途のデフレーキングやスクリーニングで紙料から不純物を除去しなければならない場合もあります。

効率的な損紙の処理やプロセスのためのスマートソリューションについての詳細は バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

Valmet-768x330-broke_system.png
Valmet-768x330-approach_flow.png

アプローチフローシステム

OptiFeedコンセプトは、紙品種のニーズに合わせて常に設計された統合ウェットエンドシステムです。

アプローチフローシステムについての詳細は バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

マイクロフィブリル化セルロース

マイクロフィブリル化セルロース(MFC)はセルロースフィブリルで構成される天然素材で、木材パルプなどの原料から分離されます。MFC繊維は互いに結合して強度を生み出し、製紙プロセスに追加されると、引張強度の向上、バリア特性の改善、表面の平滑化など、様々なメリットを生み出すことができます。

マイクロフィブリル化セルロースについての詳細は バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

Valmet-768x330-mfc.png
お問い合わせ
コンタクトフォーム