Valmet frontpage

バルメットのリール

生産効率およびラインの生産能力の向上

通常、仕上部門には、生産効率やラインの生産能力を向上させる明らかな潜在能力があります。抄造品種、抄速および紙幅に適したリールを選ぶことで、この潜在能力を最大限に活用することができます。バルメットは、すべての製紙・板紙メーカーの特定のニーズやさまざまな課題に対応する、幅広い種類のリールを提供しています。

リールプロセスおよびリールパラメータ

リールプロセスは、高速・広幅の場合、親巻きロールの直径が大きい場合、紙・板紙の品種により繊細な巻取りが必要な場合など、要求がさらに厳しくなります。巻取りの難易度については、リールタイプとして 2つのグループに分けることができます。リールプロセスの条件に応じて、センタードライブのないリール、またはセンタードライブのあるリールのいずれかになります。

センタードライブのないリールは、品種によって要求される巻取りや、巻取り条件がそれほど厳しくない操業に最適です。プライマリーあるいはプライマリー・セカンダリーのセンタードライブを備えたリールは、通常は、オンマシンコーターやオンマシンカレンダーの高速マシンで高い要求品質を目指すリールです。

リールの詳細については バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

親巻きロールの巻き硬さはセンタードライブの影響を直接受けている

改造を成功させるための計画とは?

抄紙機や板紙抄紙機の改造は、お客様のビジネスの競争力やプロセスの向上につながります。詳細については、Valmet Rebuild Guideをダウンロードしてください。
お問い合わせ
コンタクトフォーム