本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

OptiReel ファミリー

効率的なドライエンド

仕上部門には、通常、生産効率やラインの生産能力を向上させる明らかな潜在能力があります。抄造品種、抄速および紙幅に適したリールを選ぶことで、この潜在能力を最大限に活用することができます。バルメットは、紙・板紙メーカーの特殊なニーズやさまざまな課題解決に適合した広範囲のリールを取り揃えております。バルメットのすべてのリールは、最小限の下巻き損紙と最大限の歩留効率を持った優れた親巻きを提供します。また、大径の親巻ロールを可能にし、損紙削減に寄与します。

リールプロセスを更に改善させるため、バルメットは新世代のリールを開発しました。 これはリニアリールと言い、リールスプールと巻取り位置が同じレベルレールを転がって巻取り位置に移動します。詳細は OptiReel Linear reels をご参照ください。 また OptiReel Linear はセンタードライブでもサーフェイスリールでも可能です。

リールプロセスは、高速・広幅であったり、親巻きロールの体径化や紙・板紙の繊細な巻取り品質が求められるようになってきた。巻取りの難易度については、リールタイプとして 2つのグループに分けることができます。リールプロセスの条件に応じて、センタードライブのリールサーフェイスリールのいずれかになります。

サーフェイスリールは、厳しい巻取り品質でなければ理想的な巻取り技術です。プライマリーやプライマリーとセカンダリーのセンタードライブのリールは、一般的にオンマシンコーターやオンマシンカレンダーの高速マシンで高い要求品質を目指すリールです。

親巻きロールの巻き硬さはセンタードライブの影響を直接受けています。以下の図を参照ください。

Parent roll hardness


リールについての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

バルメットの OptiReel リールソリューション

関連ページ

製紙会社様のためのOpti

製紙会社様のためのOpti

バルメットの製紙および板紙生産製品をひとつの名前に統合しました