Valmet frontpage

エネルギー生産における生産能力のための VII

発電所の生産能力をフルに活用していますか? バルメットの生産能力のためのインダストリアル・インターネットはボイラー負荷を最大化および最小化し、プラントの柔軟性や収益性を改善させるソリューションです。プロセスに関する私たちの専門知識を活用して、改善の可能性を見出してください。

- オペレーターガイダンス
- 高度プロセス制御(APC)による自動化

エネルギー生産における生産能力

年間生産能力を高めるには、3つの重要なソリューションがあります。

1) ボイラーの最大負荷で生産制限なく運転可能

生産能力のためのバルメット インダストリアル・インターネット(VII)によって、現在のプロセスで電気/熱の最大生産能力を最大 7%向上させることができます。このソリューションは、プロセスのボトルネック分析に基づいており、プロセス知識を用いて最初の制限因子に対して操作します。

production-capacity1.jpg

2) ボイラー最大負荷で生産限界まで運転

生産能力の制限がある場合、例えば、電力生産が 50 MWeに制限されているようなケースでも、生産能力を高めることができます。負荷を安定させ、運転限界に近い状態で連続運転することで、現状のプロセスで最大 2.5%の生産能力アップが可能です。

production-capacity2.jpg

3) ボイラー最小負荷での運転

低需要時に最低負荷を最大 30%低減することが可能です。また、凝縮熱量や不要な運転停止を減らすことができ、プラントの稼働時間を増やすことが可能です。このソリューションは、プロセスのボトルネック分析に基づいており、プロセスの知識を用いて第一制限因子に対して操作します。

このソリューションは、オペレーターの助言として実装することも、高度プロセス制御で自動化することも可能です。バルメットの近代化およびアップグレードにより、プロセスに関する専門知識を活用して、さらなる能力の変更が可能です。

生産能力増強の投資回収は、ケースバイケースで異なります。お客様の工場の現状での改善の可能性を確認するため、お問い合わせください。

production-capacity3.jpg

生産能力のための VIIソリューションに含まれるアプリケーションおよびサービス

エネルギー生産 KPI
燃料出力の最大化、アドバイザー
燃焼管理
エネルギー生産管理

パフォーマンスセンター

  • 発電所のボトルネックの分析
  • リモート接続を利用したアプリケーションおよび制限要因の予測モデルの定期保守
  • 接続性の維持
  • 電力ポテンシャルを評価するデータディスカバリの実施

カスタマーポータル

  • アプリケーションへのアクセス
  • 発電所の生産状況をリアルタイムでモニタリング
  • 燃料発電の可能性をリアルタイムでモニタリング
  • お客様からの バルメット パフォーマンスセンターへのリモートサポートのご依頼

インダストリアル・インターネットについて聞きたいときは?

私たちにご相談ください。お客様のオペレーションが生産的で収益性が高く、信頼性の高いものになるよう、様々なリモートサービスを提供しています。私たちは、プロセスの監視、トラブルシューティングの実施、修正をリモートで行うことができます。専門知識および長年の経験をインダストリアル・インターネットの機能と組み合わせ、より速く、より良い、より効果的なサービスを提供します。
お問い合わせ
コンタクトフォーム