本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

改造による抄紙ラインの改善

抄紙機の改造は、生産上の障害の除去、生産コストの削減、操業上の安全性の改善、省エネ、あるいは新しい紙種の追加などの方法を提案します。バルメットには抄紙機改造のための経験や専門知識などの適切な手段があり、改造に向けたお客様の目標を達成することができます。

変化のための準備を!

抄紙機のアップグレードや改良を計画する際には、いつも目標を設定することから始まります。机上検討や現地調査は、その抄紙機の最も収益性の高い改良や改造の方法を見つけるための一つの手段です。以下は、抄紙機の改造理由の例です。

Valmet Paper Technology Centerは世界的な紙・板紙メーカーにパイロットテストにより世界で最も包括的な提案をします。 私たちのパイロットテスト装置は、調成からコーターに至る全ての工程を網羅し、設備投資判断をサポートするための信頼性の高い結果と優れたサービスを提供します。

設備の改造は、製紙工場が問題解決を図るための優れた方法です。生産の増強、品質の向上、品種の転換を可能にします。生産ラインをバルメットとともに最適化いたしましょう。

改造についての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

バルメットのソリューションについて

すばらしい進展 - 洋紙から板紙への転抄の成功

すばらしい進展 - 洋紙から板紙への転抄の成功

「PM3は、今、ほぼ新しいマシンのようです。最新技術と優れた技術の組み合わせは、非常に良い信頼できる技術でした。」 洋紙から板紙への転抄の成功について、Stora Enso社の Jukka Lyyra氏は話す。

製紙工場の再生

製紙工場の再生

洋紙ラインが板紙ラインに生まれ変わる改造は稀でシンプルだが、突き進む必要のあるものである。Blue Paper社の場合、製紙ラインは再生紙を原料とするライナー、中芯マシンへと転換した。

リファイニング工程の更新による信頼性の向上

リファイニング工程の更新による信頼性の向上

Savon Selluでのリファイニング工程更新の結果について、Tapio Laukkanenは「OptiFiner Proのユニークなリファイニング機構には利点があると信じています。さらに同一フリーネスに達するまでの消費電力が以前より 30%まで削減しています。」と話す。

より良い方法を見付けて前進

より良い方法を見付けて前進

Dongil社 Wolsan工場 PM1 の斬新な OptiFlo レイヤリングヘッドボックスは層間への澱粉の供給を可能にする。これは澱粉必要量の30%低減によりコスト節減しながら最終製品の強度維持を大幅に増加する。