Valmet frontpage

ウォーターマネジメント

環境負荷を低減するために清水の消費を抑える


ウォーターマネージメントとは、原材料、エネルギー、清水を含む天然資源の消費を抑制することです。清水は、今日のパルプ・製紙工場にとって、最も重要な資源といえるでしょう。清水の消費量を抑えることで、製紙工場は、量的にも質的にも環境負荷に良い影響を与えることができます。例えば、不必要な薬品使用に起因する水系への有毒物排出を減らすことや、清水の加熱による二酸化炭素排出を減らすことで、全体的なエネルギー消費量を抑制できます。これは、廃水や固形廃棄物量を減らすことにもつながります。清水の消費量と原材料の使用量を最適化することで、製紙工場は、ますます厳しくなる環境規制にうまく対応することができます。

プロセスという観点から、少ない清水消費量ですぐれた走行性を確保するには、適切なウォーターマネージメントが求められます。効率的なウォーターマネージメントを行えば、製紙パルプ工場は大幅な節約を実現でき、総合的な効率を向上させることができます。

水の有効活用のための包括的ソリューション


バルメットの包括的なウォーターマネージメント ソリューションは、プロセスの最適化、プロセスの評価と実現可能性の調査、そして様々な品種の紙生産における清水消費量削減のためのコンセプトを網羅しています。また、Valmet Ultrafilter CR*(= 交差回転)ウルトラフィルタレーション技術に基づく、高度な水処理プロセスも提供しています。

* 旧OptiFilter CR
** 旧OptiCycle W
*** 旧OptiCycle C

water-management_graph_570x350.jpg
お問い合わせ
コンタクトフォーム