溶解パルプ - 品質と信頼性が利益向上のカギとなる

溶解パルプビジネスにおいて、利益向上のカギは、日々、何年にもわたって、適切なアルファセルロース含有量でお客様の仕様に合わせた高純度のパルプを一貫して製造することです。これを実現するために、バルメットは溶解パルプを製造するための高効率プロセスとテクノロジーで幅広い経験を持っています。2008年以来 16の主要プロジェクトに基づいて、参考事例の数と総設備容量の両方の面で、私たちは溶解パルプ工場向けの主要なプロセスおよび機器のサプライヤーです。

蒸解は問題の心臓部である

蒸解操作は溶解パルプラインの心臓部であり、バルメットはパルプを溶解するためのバッチ蒸解あるいは連続蒸解の両方の蒸解テクノロジーを提供できる、唯一のプロセスおよび機器サプライヤーです。これは、お客様が様々な最終製品に要求する正確なパルプ品質を実現するための最高の柔軟性を提供するよう、お客様のラインを調整できることを意味しています。

バルメットの製品は溶解パルプ工場のすべてのプロセス段階をカバーしており、ウッドハンドリングからベーリングまたはロールの完成パルプまで、また高効率の薬品回収プラントや高度な工場全体の自動化システムも含まれています。

バルメットのテクノロジーは、パルプの品質特性が厳しい仕様の範囲内で保たれ、安定した連続生産を保証する確かな実績があります。一貫して仕様の範囲内にとどまると、価値が低く、低品質の溶解パルプに関わる経済リスクが最小限に抑えられます。

バルメットのパルプ化ソリューションは、環境やサステナビリティの最高の目標も満たしています。これは、今日、多くの繊維生産者やブランド所有者にとって不可欠な基準です。

スケーリングを減らして稼働時間と安定性を向上

溶解パルプ生産のスケーリングは、ダウンタイムやプロセスおよび製品の安定性の両方のために、結果に大きな影響を与える可能性のある重要な問題です。バルメットの蒸解システムにはスケール蓄積を減らす独自の設計機能があり、清浄のためのダウンタイムが少なくなります。また、スケーリングによって引き起こされるシャットダウンやスタートアップが他の競合するテクノロジーよりも発生する頻度が低いため、パルプ品質のバラツキも減少します。

バルメットは高濃度 TwinRollTM洗浄を使用して水のキャリーオーバーを大幅に低減しているため、ファイバーラインの安定性も向上しています。これにより、ステージ間の境界がかなりはっきりし、お客様の要件を満たすためにパルプ品質の最適な微調整が保証されます。

 

溶解パルプの詳細についてはバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

お客様のサクセスストーリー

溶解パルプラインのスムーズな立ち上げ

溶解パルプラインのスムーズな立ち上げ

ラオスにある Sun Paper社の溶解パルプ工場では今回初めてバルメットを採用したが、高い生産量、安定した稼働、そして環境負荷の低減の実現と、その結果がすべてを物語っている。

明るい未来のある Sappi社の溶解パルプ

明るい未来のある Sappi社の溶解パルプ

木質由来の衣類は成長傾向にある。そして溶解木質パルプ(DWP)はこの開発の重要な要因である。なぜならDWPはあらゆる種類の樹種から生成できるからだ。

南アフリカでの持続可能な新たな製品の誕生

南アフリカでの持続可能な新たな製品の誕生

南アフリカにある製紙会社Sappi社のNgodwana工場では、2013年以降、高品質の溶解パルプを製造している。バルメットのファイバーラインコンセプトはフレキシブルで持続的な解決について結果を出した。