溶解パルプ - 品質と信頼性が利益向上のカギとなる

溶解パルプ事業において、利益向上のカギは、お客様の仕様に正確に適合するよう適切なアルファセルロース含有量で高純度パルプを一貫して製造することです。これを実現するために、バルメットは溶解パルプを製造するための高効率プロセスとテクノロジーで幅広い経験を持っています。2008年以来 16の主要プロジェクトに基づいて、参考事例の数と総設備容量の両方の面で、私たちは溶解パルプ工場向けの主要なプロセスおよび機器のサプライヤーです。

蒸解 - 高いセルロース純度を達成するために重要なプロセス

特徴ある前加水分解 - 蒸解プロセスは最も経済的な溶解パルプ製造プロセスです。それに続くツインロールプレスによる確実な洗浄はファイバーラインはエンドユーザーが求める品質を達成するためにとても重要です。木材由来の溶解パルプの使用においてはプロセスに大きく影響を受けている純度(セルロース純度)に依存します。溶解パルプの製造には二つの基本的なプロセスがあります。一つがサルファイト法、もう一つは前加水分解/サルフェート法です。

 

溶解パルプの詳細についてはバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

お客様のサクセスストーリー

溶解パルプラインのスムーズな立ち上げ

溶解パルプラインのスムーズな立ち上げ

ラオスにある Sun Paper社の溶解パルプ工場では今回初めてバルメットを採用したが、高い生産量、安定した稼働、そして環境負荷の低減の実現と、その結果がすべてを物語っている。

明るい未来のある Sappi社の溶解パルプ

明るい未来のある Sappi社の溶解パルプ

木質由来の衣類は成長傾向にある。そして溶解木質パルプ(DWP)はこの開発の重要な要因である。なぜならDWPはあらゆる種類の樹種から生成できるからだ。

南アフリカでの持続可能な新たな製品の誕生

南アフリカでの持続可能な新たな製品の誕生

南アフリカにある製紙会社Sappi社のNgodwana工場では、2013年以降、高品質の溶解パルプを製造している。バルメットのファイバーラインコンセプトはフレキシブルで持続的な解決について結果を出した。