本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

機械パルプ

1930年代に、Arne Asplund博士(1903–1993)が木材チップからパルプを作るための叩解機およびその手法(アスプルンド法)を発明しました。

長い歴史Dr. Arne Asplund

1947年、この発明およびアスプルンド法のその後の発展に対して、スウェーデン王立工学アカデミー(Royal Swedish Academy of Engineering Sciences : IVA)からAsplund博士にゴールドメダルが授与されました。その後1969年に、解繊技術に対する Asplund博士のこれまでの功績に対し、 IVAよりグレートゴールドメダルが授与されました。

高濃度リファイナーのラインナップ

  • コニカルディスクタイプ
  • ダブルディスクタイプ
  • フラットディスクタイプ

低濃度リファイナー

  • OptiFiner シリーズ

砕木グラインダー

  • PGW

ファイバーボード用 リファイナー

  • エボリューション ディファイブレーター(名称:EVO)

リファイニングに関する製品についての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。