本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

均一なパルプ品質がプロセスを最適化する

よりきれいなパルプ、より均一かつ高い品質、そしてメンテナンスの低減。これらは、2015年に Obbolaにある SCA社のライナ工場が新しい蒸解プラントの操業を開始して以来得た結果のうちのいくつかである。

APRIL Kerinci工場 PM 3の最高の上質紙品質による差別化

インドネシアの紙・パルプ産業は市場の拡大のおかげで大きな成長を遂げている。APRILは Riau地方にある同社の Kerinci工場で新しい OptiConcept M非塗工上質紙ラインに投資することでその潜在能力を開発してきた。

ブラックペレット - 発電所における石炭の代替燃料

蒸気爆砕で得たブラックペレットは、従来の“ホワイト”バイオマスペレットに比べより安全で費用効率の高い再生可能なバイオマス燃料であり、さらにより多くのエネルギーを注ぎ込む。バルメットのブラックペレットプラントは統合CHPプラントを具備しており、バイオマスの送り込みからブラックペレットの送り出しまでを含む生産設備である。また、バルメットは既存のホワイトペレットプラントの改造も提案する。

Borregaard社はバルメットの Inlet PF初号機を設置

ノルウェーの Borregaard社は TwinRollウォッシュプレスに新しいインレットボックス ProFlowを装備する最初の工場となった。新しいプレスは 6ヶ月間にただ一度の乱れもなく現在稼動し続けている。

バルメットについて

バルメットは紙パルプおよびエネルギー産業へのテクノロジー、オートメーション、そしてサービスに従事しており、グローバルなディベロッパーとしてのリーディングカンパニーです。バルメットの目標はお客様への貢献において、覇者(グローバルチャンピオン)になることです。2017年のバルメットの売り上げはおよそ31億ユーロであり、12,000人の専門家が世界中で従事しています。バルメットの本社はフィンランド、エスポ(Espoo)にあり、Nasdaq Helsinkiに上場しております。