本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

Sunilaによるリグニンの有効活用

Stora Ensoの Sunila工場では、バルメットの LignoBoostTM技術を利用してクラフトリグニンを生産している。2018年には乾燥リグニン製品(製品名:LineoTM)の商業生産を開始し、化石燃料の代替原料として期待が高まる。

デジタル・エボリューションの発明者

バルメットは、1960年代からずっとお客様のためにデジタルソリューションを開発する先頭に立ってきた。1979年に Damatic分散制御システム(DCS)を発売したことで、インダストリアル・インターネット時代になった現在も継続しているバルメットのデジタル開発に確固とした基礎が敷かれた。

一歩一歩、プレス性能を改善

4段階で実施された改善プロジェクト以後、Thai Cane Paperでは、蒸気消費量低減、走行性改善、シートのドライネス向上、フェルト寿命延長、プレスパートの真空量削減といった効果が出ている。

入念な計画による成功

Södra Cell Mörrumの溶解パルプラインは、洗浄工程に新しい TwinRollプレスを導入して生産量を増やしている。当プレスの導入前には周到な検討を行った。

バルメットについて

バルメットは紙パルプおよびエネルギー産業へのテクノロジー、オートメーション、そしてサービスに従事しており、グローバルなディベロッパーとしてのリーディングカンパニーです。バルメットの目標はお客様への貢献において、覇者(グローバルチャンピオン)になることです。2017年のバルメットの売り上げはおよそ31億ユーロであり、12,000人の専門家が世界中で従事しています。バルメットの本社はフィンランド、エスポ(Espoo)にあり、Nasdaq Helsinkiに上場しております。