Valmet BFB Boiler

バブリング流動床(BFB)燃焼技術を用いたバルメットのボイラーソリューションは Valmet BFB Boiler(以前はHYBEX)と呼ばれています。幅広い燃料柔軟性、高い燃焼効率、高い信頼性、優れた可制御性および低排出によって、世界中で 200以上の納入とボイラー転換の実績を得たことで、真の勝利者になりました。

Valmet BFB Boilerは 20~400 MWthの出力範囲で利用可能です。これらの立証済み技術と設計によって、優れた燃焼結果を確保するとともに、突発の機械停止を最少限に抑えかつメンテナンスを確実なものにします。Valmet BFB Boilerによって 99%以上の高い燃焼効率が期待できます。その結果として、高い水分を有する燃料を用いてさえも通常ほぼ 90%のボイラー効率が得られます。

再利用可能なバイオマス燃料に向けて

ボイラーのメリットのひとつは、高水分かつ低熱価を持った燃料が使用できることです。代表的なものとして、湿潤バイオマスやプロセス段階で生じる様々な種類のスラッジが含まれています。

乾燥バイオマスにも同様に適しており、含水率15~65%が基準HYBEX boilers範囲となります。

様々なリサイクル燃料に向けて

多くのボイラーは、多種多様の燃料や、バイオマスやリサイクル燃料を含む可能性のある混合燃料に対応しています。

代表的なリサイクル燃焼は、再生木材、回収された産業廃棄物、また加工された一般廃棄物(RDF)などです。

燃料ガスの効果的な制御

BFBの燃焼原理は砂床の流動化に基づいています。熱で泡立った砂と固体燃料は炉の下方部で互いに混ざり合います。砂床の高い熱容量が迅速な燃料の点火を確実に行い、燃料の品質のあばれを吸収します。

Valmet BFB Boilerの基本的なコアは特許技術である Hydro Beam格子です。これによって、炉の底部から不純物と粗い物質が効果的かつ信頼性を持って除去できるようになります。堅固な水冷の格子構造となっており、底部から灰を容易に除去するために面積の 30%以上が開いています。

燃料ガスの排出は注意深い設計を施したソリューションによって制御されており、このソリューションには燃焼エアシステム、SNCRあるいはSCRシステム、電気集塵装置、添加剤注入のできるファブリックフィルタおよび燃料ガスの濃縮スクラバが含まれます。