Valmet frontpage

デバーキング

バルメットのデバーキングシステムを用いた最良の清浄度と経済性

気候や異なる樹種に応じた様々なニーズに対応するため、バルメットでは数種類のデバーキング(樹皮を剝ぐ)システムを提供しています。すべてのデバーキングシステムは、大容量かつ容易で信頼性の高い操作を組み合わせ、最小限の木材損失で最適なバーク(樹皮)除去を行います。これは、チッピング処理の前に木材から効果的にバークを分離できるよう設計されています。

ほんの数十年前の主要原料であった針葉樹は樹皮が剥がしやすいものでしたが、それに比べ、森林植林からの多くの樹種は皮剥ぎが難しくなっています。例えば、ユーカリの樹皮は細長く剥がれ、主にログ(丸太)はデバーキングドラムから出てきます。このため、ドラムの後の特別な樹皮分離システムが必要となります。

紙パルプやファイバーボードの工場において、可能な限り最もきれいなログをもたらすデバーキング工程は必要不可欠です。原材料費は大きな出費となるため、工場の総合的な経済性のためにはデバーク方法が重要となります。

デバーキングについての詳細は バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

お問い合わせ
コンタクトフォーム