Valmet frontpage

高歩留まりパルプの効率的な過酸化水素漂白

バルメットは 50年以上にわたって漂白の研究開発に取り組んでおり、環境負荷の低いパルプ製造プロセスを提供するリーディングサプライヤーです。

すべての機械パルプ(TMP、CTMP、PGW)に用いられる過酸化水素漂白について、バルメットは豊富な経験を持っています。この経験に支えられ、私たちの機械パルプ漂白システムには高い技術力があり、長期的なサポートもお約束いたします。

機械パルプでは、セルロースおよびヘミセルロースの中に存在するリグニンを除去せずに叩解するため、パルプ中にリグニンが残存しています。しかしながら、機械パルプの優位性である高歩留りというメリットを考慮すると、漂白でリグニンを除去することは現実的ではありません。機械パルプで用いられる漂白は、白色度に影響のあるクロモフォール(発色団)を除去するためだけに使われます。クロモフォール(発色団)は酸化還元への反応性が高いので容易に除去できます。

機械パルプの漂白に関する製品の詳細についてはバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

お問い合わせ