エネルギー生産

エネルギー効率の体系的な改善により、現代のパルプ工場は、再生可能エネルギーの生産に関しては自給自足を超えています。高性能な回収ボイラーに加え、バルメットは、流動床ボイラー、バイオマスガス化装置、統合熱分解装置、環境保護装置、そして幅広いライフサイクルサービスを含む優れた発電装置を提供しています。その専門知識は、燃料から排気ガスまでのすべてをカバーします。

流動床ボイラーは樹皮や他の木くず、スラッジ、脱墨廃棄物などのような、基本的に工場から出るすべての廃棄物を燃焼することができます。通常、エネルギー需要は外部から購入されるあらゆる固形燃料とのバランスが取られています。

また、バイオマスはライムキルン用にバイオガスを生産したり、石油や石炭のような化石燃料の替わりとしてガス化装置内で利用されます。バイオマスを利用する別の選択肢はバイオオイルを生産するための統合熱分解で、ライムキルンで使用されたり販売されたりします。統合熱分解は常に流動床ボイラーとつながっています。

エネルギー生産に関する製品についての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

詳細はこちら
Valmet BFB Boiler

Valmet BFB Boiler

バブリング流動床(BFB)燃焼技術を用いたバルメットのボイラーソリューションは Valmet BFB Boiler(以前はHYBEX)と呼ばれています。幅広い燃料柔軟性、高い燃焼効率、高い信頼性、優れた可制御性および低排出によって、世界中で 200以上の納入とボイラー転換の実績を得たことで、真の勝利者になりました。

Valmet CFB Boiler

Valmet CFB Boiler

Valmet CFB Boiler(以前はCYMIC)はバルメットが開発した最新式循環流動床(CFB)ボイラーです。このボイラーは、さまざまな固体燃料の高効率での燃焼と低排出量を兼ね備えており、これはカロリー値がまったく異なる燃料を同時に燃焼させる時にも当てはまります。大きさは広範囲にわたっており、出力 30~1200 MWthのボイラーが含まれます。