本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

プレス

ペーパーマシンのプレスセクションの役割は水分を取り除くことで、主にウエットプレスによるものです。ウェットプレスは抄紙機に十分な乾燥能力を持たせるためシートのドライネスを上げ、そしてドライヤセクション入口部分におけるウェブの走行性を改善します。また、プレスセクションは、平滑および吸水性のようなシートの表面特性および嵩に対して強い影響を及ぼします。

低坪量化、高速化、原料の低グレード化、生産のクローズド化、その上印刷適性改善をさらに求める傾向によって、プレスセクションにはこれらを満たす特別な構成が要求されます。バルメットのプレスセクションのソリューションは、要求される高い品質と走行性を達成するため、一定した効率レベルを保証するように設計されています。

走行性を改善し生産能力を増強するためのシュープレス

シュープレス技術は何年もの間、紙・板紙生産で成功裏に使われてきました。バルメットの SymBelt シュープレスは、少ないプレスニップ数で品質を向上させ、プレスセクションの脱水能力を増強します。高いドライネスが得られることで湿紙強度が高くなります。これは、ドライヤセクションに達する前のオープンドローでの紙切れを最小にする上で重要です。

Valmet Paper Technology Centerは世界的な紙・板紙メーカーにパイロットテストにより世界で最も包括的な提案をします。 私たちのパイロットテスト装置は、抄紙機全体の工程を網羅し、設備投資判断をサポートするための信頼性の高い結果と優れたサービスを提供します。

プレスについての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。