本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

パルプ - パルプ工程向けの技術、オートメーション、サービス

バルメットのファイバー技術のノウハウは、あらゆる原材料から製造される製品の最終的な品質を求められたものにするため、化学パルプや機械パルプ、古紙パルププロセス向けに、一連のインテリジェントで、統合された、そして完全なプロセスを提供しています。

パルプ製造業に携わる方々は、プロセス効率と事業の利益性の改善方法を探す上でバルメットのインテリジェントなオートメーションソリューションやサービスに目を向けていらっしゃいます。

最新のパルプ関連記事

  • 蒸解とは?

    バルメットの第三世代 CompactCookingが発売される。第三世代は柔軟性が一段と向上し、蒸気と洗浄が改善されたほか、メンテナンスが簡素化されている。

  • 年間600万kWhの省エネが可能となるバルメットのリファイナープレート

    機械パルプでは電力費用が最大の課題と言える。最新技術を取り入れたバルメットのリファイナープレートを使うことで PGW工程での電力消費量を大きく低下させ、大幅なコスト削減が可能となる。

  • Sunilaによるリグニンの有効活用

    Stora Ensoの Sunila工場では、バルメットの LignoBoostTM技術を利用してクラフトリグニンを生産している。2018年には乾燥リグニン製品(製品名:LineoTM)の商業生産を開始し、化石燃料の代替原料として期待が高まる。

  • 改良されたリグニン - LignoBoostによる新しいリグニン品質

    バルメットの LignoBoostプロセスはさらに発展している。今日、様々な品質のリグニンを抽出することが可能となる新しいコンセプトが開発された。これにより、クラフトパルプ工場にとって、製品の拡充ならびに新しいビジネスへの参画が可能となる。

  • 入念な計画による成功

    Södra Cell Mörrumの溶解パルプラインは、洗浄工程に新しい TwinRollプレスを導入して生産量を増やしている。当プレスの導入前には周到な検討を行った。

  • Metsä Groupバイオ製品工場で実証されたマシン監視分析サービスの有用性

    新しいバイオ製品パルプ工場をフィンランドに建設するにあたり、Metsä Groupは工場全体で使用する Valmet DNAオートメーションシステムに不可欠な一要素として、Valmet DNA Machine Monitoringを選択した。マシンの条件監視アプリケーションの一環としてバルメットが提供する遠隔診断支援は、予防保全の一助として不可欠であることが実証されている。