Valmet frontpage

Valmet CFB Boiler

Valmet CFB Boiler(旧 CYMIC)は、バルメットが開発した最新式循環流動床(CFB)ボイラーです。このボイラーは、発熱量の異なる燃料を同時に燃焼させる場合でも、様々な固体燃料の高効率燃焼と低排出量を兼ね備えています。大きさは広範囲にわたっており、出力 30~1200 MWthのボイラーが含まれます。

高い燃料柔軟性

Valmet CFB Boilerの最大のメリットは、燃料の柔軟性に優れていることです。世界で 90を超える納入実績のほとんどは、バイオマスと化石燃料を連続的に変動する比率で燃焼させる多燃料ボイラーです。混焼は、複数の燃料の代替を可能にすることで運転コストを最適化する可能性を持っており、優れた信頼性と可用性を兼ね備えた環境にやさしい方法です。

Valmet CFB Boilerは、次のような燃料向けに理想的な燃焼テクノロジーを提供します:

  • バイオマス(農業廃棄物由来の燃料を含む)
  • 回収燃料
  • 様々な種類の石炭
  • 石油化学残留物の固体燃料(例: 石油コークス、アスファルテン、固化した松やになど)
  • 上記燃料の組合わせからなる燃料
CFB_fuel-flex.jpg
CFB_pic2.jpg

効率的な燃焼、低排出

CFBテクノロジーでは、循環層物質は燃料ガスとともに炉内を流動し、その後ガスから分離され、サイクロンによって炉底に戻されます。このテクノロジーは、均一な燃焼温度プロファイルを与えます。これは、発熱量、水分、灰分および多くの低融点灰成分といった、様々な燃料特性を取り扱うのに最適です。また、高い燃焼効率によって一次排出を低くし、硫黄の除去や特種用途の添加剤の利用にも優れています。

高い蒸気パラメータ

CFBボイラーの要となるのがサイクロンです。腐蝕防止のため軽量の耐火物質で覆われたメンブレン壁からなる高効率のシリンダ状サイクロンを使用しています。炉とサイクロンの間には熱した伸縮継ぎ手は必要ありません。

ループシールに取り付けた流動床熱交換器のおかげで、回収燃料を用いても深刻な腐蝕を起こすことはなく、高い蒸気パラメータを適用することが可能です。

回収燃料の燃焼のために、Valmet CFB Boilerは、効果的な残渣物の除去とバックパスのための特殊なグリッドデザインを備えています。これには空のパスと簡単に交換できる過熱器が含まれます。

BFB_pic4.jpg



お客様の事例

お問い合わせ
コンタクトフォーム