マネージメント

バルメットの管理・経営に関する責任は、株主総会、取締役会、社長兼 CEO(最高経営責任者)の間で分担されています。株主は、株主総会での決議を通じて、バルメットの管理・経営に参画します。

バルメットの取締役会および社長兼 CEOは、バルメットの経営責任を負います。バルメットの取締役会は、優れたコーポレートガバナンスの実践がバルメット内部で確実に行われるよう努めます。

バルメットの取締役会により任命された社長兼 CEOは、バルメットの日々のビジネスの管理・監督に責任を負います。その他の経営幹部は、補助やサポートの役割を担います。

バルメットの事業モデルは、5つのビジネスライン、5つのエリア、そして 4つのサポート機能で構成されています。ビジネスラインは、サービス、パルプ&エネルギー、ペーパー、オートメーションシステムズ、フローコントロールで、地理的に分けられたエリアは、北米、南米、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、中国、アジア太平洋となっています。主なサポート機能としては、財務&ストラテジー、人事、マーケティング&コミュニケーションおよびサステナビリティ、事業開発の 4つがあります。

management-768x352px.png

バルメットのマネージメントの詳細については バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。