Valmet frontpage

抄紙機の転抄

世界は急速に変化しています。新聞用紙や印刷・筆記用紙の消費は減り、一方で、電子商取引(e-commerce)のおかげでコンテナボードやカートンボードの消費は急速に増えています。古い抄紙機は、転抄改造を行い更新することで、コンテナボード、カートンボードあるいは特殊紙のような、さらに収益性の高い製品を生産することができます。

お客様の抄紙機の新たなページを開く

バルメットは、お客様の目的に応じたソリューションを一緒に見つけることができる、お客様にとって信頼できるパートナーです。紙および板紙品種の消費予測をチェックし、紙または板紙製造ラインの転抄を検討する必要があるかどうか確認してください。

 

 

1296 x 412 Global paper board and tissue consumption.jpg

情報源:RISI 2021

パイロットトライアルにより転抄の成功を確実なものに

Valmet Paper Technology Centerは、世界中の製紙および板紙メーカー向けに、世界で最も包括的なテストおよびパイロットサービスを提供しています。私たちのパイロット施設はプロセス全体をカバーしており、転抄への投資の決定をサポートするための優れたサービスや信頼性のある結果を提供します。

紙からパッケージへの転抄の結果を探る

 

フィンランドにある Stora Enso社 Varkaus工場では、既存の抄紙機 PM 3を板紙抄紙機に転抄し、再生可能な包装用紙の市場ニーズをより適切に満たすライナーボードを生産しています。お客様は、この挑戦的な改造のパートナーとしてバルメットを選びました。詳細はビデオをご覧ください。

お問い合わせ
コンタクトフォーム