バルメットについて

バルメットは紙パルプおよびエネルギー産業へのテクノロジー、オートメーション、そしてサービスに従事しており、グローバルなディベロッパーとしてのリーディングカンパニーです。バルメットの目標はお客様への貢献において、覇者(グローバルチャンピオン)になることです。13,000人以上の専門家が世界中で、お客様に近い場所で展開しております。そして常日頃からお客様のパフォーマンスを向上、前進させることをお約束しております。

バルメットのサービスは工場メンテナンスの外部委託から、工場、設備の改善・改良、スペアパーツまでのすべてをカバーします。私たちは、パルプ工場全体、ティッシュ、板紙、洋紙の製造ライン向けに、同様にバイオエネルギーを製造する発電プラント向けに優れたテクノロジーを提供することができます。また、バルメットの先進的なオートメーションソリューションは、単一機器の計測から工場全体のオートメーションプロジェクトに至るまで多岐にわたっています。

産業界におけるその歴史は200年以上におよび、2013年12月、メッツォグループから紙パルプおよびパワー事業部が分社化し生まれ変わりました。

2019年のバルメットの売り上げはおよそ35億ユーロです。 バルメットの本社はフィンランド、エスポ( Espoo)にあり Nasdaq Helsinkiに上場しております。