本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

OptiReel プライマリー、センター、ニリア

挑戦的な巻取り条件のために

センタードライブの完全に自動化されたリールは、大規模な生産ラインおよび中規模の生産ラインのために設計されています。 リールマスターはより挑戦的な巻取り条件を設定し、利用可能な最高のパフォーマンスを提供します。 また、設定された高い原料効率とライン生産量の基準を満たしています。 センタードライブの OptiReel は、既設ワインダーがボトルネックとなっているシングルワインダーラインに理想的なソリューションです。

巻取り条件に応じて、バルメットは、ライマリセンタードライブ式 OptiReel プライマリプと、プライマリおよびセカンダリセンタードライブ式の OptiReel センターおよび OptiReel リニアは 1つまたは 2つのセンタードライブ方式を提供いたします。 OptiReel リニア詳細についてはこちらをご覧ください。

OptiReel プライマリー、センター、リニアを取り揃えています

  • より多くの製品を生産
  • 細心の配慮による塗工板紙のハンドリング
  • ドライエンドの生産能力向上
  • 運転とメンテナンスが容易
  • 安全性と信頼性を向上

細心の配慮による塗工板紙のハンドリング

センタードライブのリールは、塗工板紙の表面とシートの特性を維持するために優れていることが証明されています。 それらは巻取り時に、ニップ部と塗工板紙の層間に滑りをなくすので、スクラッチ傷がなく、光沢ムラやゴミや色むらもなく巻くことが可能です。 更に、低いニップ負荷レベルで運転することによって、バルキーで上巻と下巻の平滑が均一な巻取りができる可能性があります。 

プライマリーセンタードライブの OptiReel は、中規模の生産ラインのための最適なアプリケーションです。 これは、すべての紙グレード、特にドライエンドの能力を高めるために大きな親枠ロールが必要とされる用途に適しています。

Center driven reeling

より多くの販売製品を得るには多くの要因の組み合わせが必要です

より多くの販売製品を得るには多くの要因の組み合わせが必要です。 最適化された親枠ロールの強化は、センタードライブの OptiReel が非常に優れているという特徴です。 従来の巻取りロールのニップ負荷とテンションだけで制御する代わりに、センタードライブの OptiRee lは、巻取り硬さを制御するために第 3のパラメータとしてトルクを使用します。 トルクは、プライマリーおよびセカンダリーのセンタードライブを介して調整されます。

最適な親巻ロールとは、すべての巻取りパラメータの正確な測定および制御によって達成されます。枠替シーケンスの効率や迅速な断紙回復シーケンスや最適な上巻きずれ防止処理が生産損失を最小限にします。
優れた親巻ロールの強化とは、下流方向の走行性を向上させ、大径の親巻ロールを巻き取ることができることが、損失を最小限に抑えることです。 親巻ロールの大きさは、仕上げ工程における全体的な原料の効率化と能力に大きな影響を与えます。 巻径を最大化することによって、実質的な生産量を向上させることができます。

運転とメンテナンスが容易

ソフトカバーのリールドラムの場合は、リールドラムの交換が速いことが重要です。 従来のリールでは、プライマリーリールドラムを解体しなければならないため、リールドラムの交換には一日かかる可能性があります。 OptiReel リニアでは、リールドラムの交換はわずか数時間で、プライマリーもセカンダリー巻取り装置も解体する必要はありません。

安全性と信頼性の向上

安全装置は装備しています。 安全防護柵とマットは、運転中にリールの危険領域にアクセスしようとする人を防ぎます。 親枠ロールの回転は、リスクを減少するために、親枠ロールを吊上げたり、移動させる前にメカニカルブレーキにて停止されます。

センタードライブのOptiReelの特徴の要約:

  • 巻取りパラメーターの優れた制御性
  • すべての品種、速度域、紙幅において高い枠替え効率
  • オプションとして上巻き損紙の削減のための親巻ロールの上巻きズレ防止装置
  • 紙の品種に合わせたカバーと溝形状の選択
  • オプションのソフトカバーは、CDプロファイルの変動を許容し、気流や振動減衰性を向上
  • クレーン操作の柔軟性を向上させたリールスプールストレージ