本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

OptiReel リニア

新リール :  レール上の同一レベルでの巻取り

OptiReel リニアは、親枠ロールを巻取る全く新しい方法です。 頑丈なリールスプールストレージやロワリングアームやリールスプール親枠ロールの代わりに、そのすべてを連続したレール上を移動させるトラブルフリーの巻取りプロセスです。

OpriReel リニアの特長

  • より多くの最終製品
  • 安全でかつ操作やメンテナンスが容易
  • 包括的なプロジェクトの実行と信頼性の高い技術
  • 投資コストと保全コストの低減

より多くの販売製品の製造

より多くの販売製品を得るには多くの要因の組み合わせが必要です。 最適な親枠ロールとは、すべての巻取りパラメータの正確な測定と制御によって達成されます。 親枠ロールの下巻の厳しい巻取り品質の改善は、同一レベルでの巻取りからの直接的な成果です。 枠替シーケンスの効率や迅速な断紙回復シーケンスや最適な上巻きずれ防止処理が生産損失を最小限にします。

また、OptiReel リニアは、より大きな親枠ロールにより生産量が増加します。 親枠ロールの大きさは、仕上げ工程の能力と全体的な原材料の効率に大きな影響を与えます。 巻き径を最大化することによって、著しく能力を向上させることができます。

オプションのセンタードライブは、塗工板紙の表面とシートの特性を維持するために優れていることが証明されています。 それらは巻取り時に、ニップ部と塗工板紙の層間に滑りをなくすので、スクラッチ傷がなく、光沢ムラやゴミや色むらもなく巻くことが可能です。 更に、低いニップ負荷レベルで運転することによって、バルキーで上巻と下巻の平滑が均一な巻取りができる可能性があります。

細心の注意での塗工板紙の取り扱い

センタードライブのリールは、塗工板紙の表面とシートの特性を維持するために優れていることが証明されています。 それらは巻取り時に、ニップ部と塗工板紙の層間に滑りをなくすので、スクラッチ傷がなく、光沢ムラやゴミや色むらもなく巻くことが可能です。 更に、低いニップ負荷レベルで運転することによって、バルキーで上巻と下巻の平滑が均一な巻取りができる可能性があります。
プライマリーセンタードライブの OptiReel リニアは、中規模の生産ラインのための最適なアプリケーションです。 これは、すべての紙グレード、特にドライエンドの能力を高めるために大きな親ロールが必要とされる用途に適しています。 親枠ロールの巻硬さは直接センタードライブの影響を受けています。 下図をご参照ください。

Linear reeling

安全かつ運転とメンテナンスが容易

OptiReel リニアの低い構造は、運転および保守位置への容易なアクセスを可能にします。 背が高い構造ではないので、複雑な保守アクションがありません。 更に、操作側と駆動側の構造が類似しています。 オプションの親枠ロール用転送レールは、親枠ロールの移動を自動化します。

Linear reeling

ソフトカバーのリールドラムの場合は、リールドラムの交換が速いことが重要です。 従来のリールでは、プライマリーリールドラムを解体しなければならないため、リールドラムの交換には一日かかる可能性があります。 OptiReel リニアでは、リールドラムの交換はわずか数時間で、プライマリもセカンダリ巻取り装置も解体する必要はありません。

同一レベルの巻取りは、安全に関する多くの要因をもたらします: 高い構造物がなく、体径ロールの重量物は常にフレームに保持され、クレーン吊上げ高さが小さくなり、スプールおよび親枠ロールの吊上げが不要で、すべてのスプールと親枠ロールの動作は制御が容易です。

総合的なプロジェクト実行力と信頼性の高い技術

バルメットのプロチームは、あなたの目標を達成するために、最初のコンセプトの設定ステップからプロジェクトフェーズまであなたをサポートします。 プロジェクト管理、エンジニアリング、据付指導員、試運転指導員とプロセス技術マネージャーは、広大な専門知識に裏付けられています。

パイロットトライアルの可能性は、あなたのニーズに最適なソリューションを見つけるために大きく役立ちます。 ワークショップでの事前テスト、経験豊富なプロセス最適化のサポートと実績のある機器は、トラブルのないプロジェクトを遂行します。

低投資コストと低いメンテナンスコスト

初期投資コストが、簡素化された設計(低い構造、統合されたリールスプールストレージ)により小さい。 それは、少ない構成機器とより少ないアクチュエータと少ないスペアパーツの設計のためです。