本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

エアドライヤノズルの変更

旧型ノズルから新型ノズルへのアップグレード

OptiDry エアドライヤは高い乾燥能力を持つよう設計されています。特許によるドライヤノズルは最小限のエネルギー消費で均一な蒸発、高効率で優れた走行性をもたらします。旧型エアドライヤから、この格段に優れた新型ノズルでアップグレードするとエネルギー消費を抑え、かつ高い乾燥能力を得られます。

コータでの乾燥はエネルギー消費の激しいプロセスですが、エアドライヤはエネルギーコストを半分にすることも可能です。バルメットのエアドライヤのエネルギー効率は 70-90%ですが、赤外線ドライヤは 30-40%しかありません。したがって赤外線による乾燥に比べるとエアドライヤは 50%以上のエネルギー削減を見込めます。新型ノズルは旧型ノズルに比べ、より高い乾燥能力、よりよいエネルギー効率が得られますので、赤外線乾燥を減らしエネルギー消費を抑える事が出来ます。もし赤外線乾燥をエアドライヤに置き換える改造であれば投資回収期間はとても短く、場合によっては数週間になるケースもあります。

ノズルアップグレード改造による効果:

• 乾燥能力アップ
• エネルギー消費量の削減
• メンテナンスの必要性およびコストの削減

プロファイル調整機能をもつ PowerFloat Profile ノズル

今日では PowerFloat ノズルにプロファイル調整機能も持たせられます。バルメットのプロファイル調整機能を持つエアドライヤは OptiDry プロファイルですが、旧型ノズルから新型ノズルへアップグレードする際、プロファイル機能を持たせることも可能です。

PowerFloat nozzles

OptiDry ファミリーと PowerFloat ノズルによるアップグレードでエネルギーコストの削減を始めてみませんか?