漂白向けセンサー

1970年代に最初の Cormecと Polaroxが導入され、パルプ業界の標準になりました。 Cormecが明るさを測定し、Polaroxが化学残留物を測定することにより、これらのインラインセンサーはお客様のプロセスの監視と最適化に役立っています。

Valmet Brightness Measurement(Valmet Cormec5 X)は、オプティカルインライン測定技術の最新の成果が盛り込まれています。Valmet Cormec5 Xは、明るさ、色、OBA(蛍光造泊剤)、ERIC(有効な残留インク含有量)を測定し、樹種を識別します。

パルプ漂白アプリケーション用の残塩センサー Valmet Residual Measurement(Valmet Polarox5)は、パルプ漂白向けのバルメットインラインセンサーの第5世代です。Valmet Polarox5は、洗浄ロスや漂白薬品を制御するための最適な薬品使用量に関するタイムリーな情報を継続的に提供します。 タワーの後に Valmet Polarox5を設置する場合、脱塩素剤制御の残留測定は人と機器を保護するのに役立ちます。 

二酸化塩素段階では、亜塩素酸も含めた全塩素を測定することが重要です。Valmet Filtrate Residual Measurement(Valmet Polarox5 F)センサーは、薬品添加後すぐに亜塩素酸を測定できます。

Valmet Peroxide Residual Measurement(Valmet Polarox5 FP)の設計に盛り込まれている測定概念は、実績のある方法を新しい画期的な方法で利用します。すなわち、全過酸化水素残量と OOH-イオン残量の両方を測定して、より詳細なプロセス条件情報を明らかにします。

 

漂白向けセンサーについての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。