本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

ZeTrac オゾン漂白

1990年代の環境規制により元素状塩素を使わない方向に進み、現在の漂白工程では排水ゼロ(TEF)とする傾向になっています。

パルプ漂白の前に効率的な脱リグニン工程を行なうことによって、漂白工程からの有害排水量を最小限に抑えることができます。このような要件を満たすために、バルメットでは新しい脱リグニンと漂白技術を導入しました。最近導入した ZeTrac 高濃度オゾン脱リグニンプロセスがその代表例です。

環境的責任を軽減する ZeTrac 漂白

バルメットが開発した ZeTrac オゾン漂白プロセスは、環境面にやさしい漂白方法の開発において、はっきりとしたマイルストンを示しています。費用対効果を出しながら、高白色度と強度の両面を可能にしています。ZeTrac は、環境への配慮と品質・生産の目標達成が両立できることを示す、ファイバープロセスでは最新でインテリジェントな方法です。

市場に出ている他のオゾン漂白プロセスは、中濃度パルプで運転します。これらのシステムでは、水の含有量が多いため、オゾンの効果的使用を妨げています。ZeTrac では、40%までの高濃度で働きます。オゾンリアクタでは、実質乾燥したファイバーが、吹雪のときの粉雪のように旋回して、オゾンと酸素の混合物がファイバーに効果的に反応します。

また、高濃度システムでは、使用するオゾンの濃度は低くてもかまいません。つまり、オゾン製品における、より低い投資コストを意味しています。

ZeTrac ozone bleaching

工場の流出水量を低減

ZeTrac は、より低い排水負荷を守りながら、よりクローズド化されたシステムを構築することが可能です。このシステムは、酸性の洗浄白水とアルカリ性の洗浄白水が混じってしまうことで厄介なスケールが生成されてしまうことなく、クローズド化することができます。オゾン漂白は酸性の工程ですが、高濃度のため、アルカリ段の前に洗浄する必要はありません。

工場でオゾンを使用する場合は、安全面が何より重要です。ZeTrac プロセスはリアクタがわずかな負圧で働き、そしてガスが外気に噴き出すことが絶対にないように設計されています。

今日の漂白技術において、ZeTrac は環境に配慮し、しかも高白色度を実現する、これまでにないインテリジェントな手段を提供します。

初の HC オゾン脱リグニンプロセスは、米国 Union Camp の Franklin 工場で運転に入りました。それ以後、これに相当するようなシステムが世界中の多くの工場に納入されました。