エネルギー関連記事

エネルギー関連記事

10 / 17 件
  • 2020年4月21日

    燃焼の最適化により NOx排出量を抑制

    Pohjolan Voimaの価値は、2ヶ所のバイオ発電所において、巧みに、大胆に、そして協力して、燃焼の最適化とデータ解析により NOx排出量の削減とエネルギー効率の改善に成功し、復活したことにある。

  • 2019年12月12日

    アウトソーシングで勝利を得る

    Uni Viridas社は燃料を供給するほか、クロアチアの Babina Gredaにある自社のバイオマス発電所から得た熱エネルギーおよび電力を販売している。その他はすべて、バルメットが対応している。この両者間の良好な協力関係は、2019年初頭に運転・保守契約が延長されたことで継続されることになった。

  • 2019年9月3日

    電力供給の成長

    Cikarang Listrindo社は、高品質の電力を顧客に供給することでインドネシアの産業開発を 25年間先導してきた。最近新設された同社の Babelan発電所は、バルメットの循環流動床(CFB)ボイラー技術と発電所全域自動化システムにより稼働しており、安定した信頼性の高い電力供給を実現している。

  • 2019年6月19日

    CFBボイラーの柔軟性を証明する100台目の受注

    燃料が挑戦的であればあるほど、バルメットの循環流動床(CFB)ボイラーが示す柔軟性は高くなる。CFBボイラーは、石炭専用ボイラーから、バイオマスおよびその中間体を燃焼させるボイラーへと進化した。

  • 2019年6月19日

    廃棄物からエネルギーへ

    Zibo Green Energy New Energyは、廃棄物をエネルギーに変えるために、バルメットの最新式循環流動床(CFB)ボイラー技術を活用した中国で最初の会社である。その性能の更なるレベルアップだけでなく、同社の例は自治体の廃棄物利用エネルギー部門全体の方向性を定めつつある。

  • 2018年11月7日

    TSE発電所では賢明なエネルギーソリューションによりパフォーマンスが向上

    バルメットのオートメーションシステムとインダストリアル・インターネットソリューションにより、パフォーマンスと運転の両面をまったく新しいレベルで効率化した操業を実現している。

  • 2018年8月17日

    燃料の柔軟性に注目

    Turun Seudun Energiantuotanto(TSE)の新しい多燃料ボイラープラントは、現在最も低いコストで入手できるどのような燃料でも利用できる可能性のような、CFB技術の最良の特徴を持つ優れた例である。

  • 2018年3月22日

    お客様のニーズが技術革新を推進

    お客様のニーズとグローバルでの大きな動向が、バルメットの 220年にわたる産業史を通じて常に製品開発の牽引力であった。資源効率と開かれた技術革新がバルメットの製品開発とお客様とを結び付ける。製品開発での新たな飛躍のためインダストリアル・インターネットとデジタル化に狙いを定めている。

  • 2017年8月30日

    日本におけるバイオマスエネルギーのブーム - バルメットのチャレンジ

    バルメットは、国内のパートナーである JFEエンジニアリングと協力することにより 4基の多種燃料ボイラプラントを納入し、日本のエネルギー生産能力がより一層青信号に向かうことに強く関わっている。

  • 2017年5月8日

    デジタル化を通じて Vapoはエネルギー生産を変える

    バイオエネルギー会社 Vapoの事業の中心である発電事業は、フィンランドの Tikkurilaでエネルギー生産とその他の加熱プラントの運転を一箇所の中央制御室に集約させて実施してきた。

エネルギー関連記事

10 / 17 件