Valmet frontpage

塗工板紙製造向けのテクノロジー

消費財の販売は年々増加し、それに伴い包装や輸送のニーズも高まっています。では、特に塗工板紙のような素材において、今日軽量化がいかに重要であるか、考えたことがあるでしょうか?

軽量でも十分な強度

私たちのお客様、つまり世界中の塗工板紙のメーカーにとって、より軽量な最終製品を製造することは今日では不可欠です。より軽量の板紙は、原材料、エネルギー消費、輸送コストの節約につながるため、軽量化のメリットはバリューチェーン(価値連鎖)のどの段階でも感じられます。軽量化とは、少なくとも同じ品質の製品を、より少ない原材料で生産できるようにすることです。実際、原材料が 10%節約できれば、100本の樹木のうち 10本は森に生えていることを意味し、トラックやエネルギーの使用量も 10%削減できることになります。あるいは、平均的な工場では、同じ量の原材料から年間 7億個の牛乳パックを多く生産することができます。

塗工板紙メーカーが、世界中の消費者とブランドがつながりを持てるような革新的で持続可能な包装ソリューションを創り出そうと取り組んでいるように、私たちバルメットもその支援に取り組んでいます。私たちのソリューションにより、機能性や視覚的な特性を損なうことなく板紙をより軽量化できるため、真にブランド・ロイヤルティを高める包装ソリューションを実現することができます。同時に、エネルギーや原材料の使用量も大幅に削減することができます。

板紙メーカーに向けた私たちの提案には、コスト効率の高い塗工板紙を製造するために必要なものがすべて含まれています。バルメットではプロセスのライフサイクル全体をカバーしており、新設改造サービスだけでなく、お客様の抄紙機がスムーズにエネルギー効率良く稼働し、安全に使用しながら原材料を経済的に使用できることを保証するための自動化ソリューションを提供しています。

バルメットテクノロジーセンターは、お客様のニーズに最適なコンセプトおよび技術ソリューションを見出すための優れたパイロットテストサービスを提供しています。

塗工板紙の詳細については バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

お問い合わせ
コンタクトフォーム