ロールメンテナンス

Valmet roll maintenance

ロール保守の最適化によって時間とコストを節約

バルメットが提供するロール保守サービスによって、信頼性が向上しロールの寿命が延びます。ロール技術に関する広範囲にわたる経験とプロセスに関する深い専門知識を組み合わせたバルメットのロール保守の最適化という概念では、予定外のシャットダウンがなくなりロール保守の頻度が最小限に抑えられます。

お客様のロール管理をバルメットにお任せいただくことで、長期的な保守コストを削減できます。また、長期的なベンチマーキングを行うことによって、バルメットロールの性能や保守の必要性を完全に把握できます。したがって、ロールの保守作業を最適化して、不可欠な作業のみを必要な時だけ実施することで、お客様の時間とコストを節約できます。

製品品質、エネルギー消費、マシン速度に関する要求は、最新の部品を使用したり、ロールの構造をアップグレードして現在の要求に対応したりすることによって応えることができます。バルメットの広範囲にわたるノウハウや最先端の 3D技術によって、お客様はさらに精度の高い研磨許容値を実現することも可能です。その結果、振動の低減、ロールの研磨頻度や保守頻度の低減、ロールカバー寿命の最長化、最終製品の品質向上が実現します。環境への影響や操業コストの低減は、大幅な節約につながるよう改良された注水プロセスである SealFlo のようなバルメットのロール技術により達成されます。

バルメットは、ロールのライフサイクルのあらゆる段階において、機械によるロールの保守サービスや修理サービスを広範囲にわたって提供しています。あらゆるタイプのロール、メーカ、機種に対応できます。

保守の範囲と推奨頻度

基本:

  • 次の稼働期間の保証
  • 最終製品の品質レベルの保証
  • 推奨頻度: 1~2年

上級:

  • 運転の信頼性を最大化
  • 既知の問題とリスクを除去
  • 推奨頻度: 3~6年

 

360°ロールによる付加価値

収益
  • ロールメンテナンスやアップグレードに
    よるパフォーマンスの向上
  • ロールコンディション悪化により抄速を
    落とす必要がなくなる
  • ロールの最大活用
ライフサイクルコスト
  • メンテナンス周期の最適化によりコストを低減
  • ロールのアップグレードによる省エネ
    効果
  • ロール事故の軽減
資産
  • ロールの長寿命化
  • バルメットのエキスパートによる
    メンテナンス回数の最適化
  • 高価なロール補修機器への投資が不要になる
リスク最小化
  • 予防保全によるリスクの最小化
  • オーバーホール時のスペアパーツの
    供給能力
  • メンテナンスの経緯の把握による
    予防保全

 

ロールメンテナンスについての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。