Valmet frontpage

灰処理

バルメットの灰処理システムは、回収ボイラーの ESP灰から塩化物とカリウムを除去します。これらの物質のレベルが高いと、過熱器の腐食や回収ボイラーの詰まりにつながる可能性があります。

バルメットは、世界中のパルプ工場で灰処理システムを建設してきました。工場の生産量が増加したため、そのいくつかがアップグレードされています。

塩化物とカリウム

塩化物とカリウムは原料から液サイクルに入り込み、工場内の腐食速度を高める可能性があります。

化学物質は、回収ボイラー灰の特性を変化させます。これは、灰の蓄積と腐食の速さにつながる可能性があります。場合によっては、蓄積が非常に速いため、年に数回、水洗のために回収ボイラーを停止する必要があります。

バルメットのソリューション

水洗のために回収ボイラーを頻繁に停止する必要がある場合、あるいは過熱器が腐食した場合、バルメットの灰処理システムにより、稼働時間と生産量が増加します。

バルメットに広範囲に及ぶリファレンスがあり、それぞれに長所と短所がある 3つの異なるソリューションを提供しています。工場ごとに要件が異なるため、最適なソリューションを見つけるには注意深い分析が必要です。

動作原理

電気集塵機(ESP)の灰の処理では、水を使用して不要な化学物質を分離します。

ESP灰を水と混合すると、塩化物とカリウムはほとんどの場合水に溶解しますが、パルプ化薬品は固体のままです。固体は液体から分離して工場に戻すことができます。不要な化学物質を含む液体は、廃水処理につながる可能性があります。

これは、現在市場に出回っている 2つの主要なテクノロジーである灰の浸出と灰の結晶化の基本的なメカニズムです。

Principle_768x430.jpg

性能

バルメットの灰処理システムは、達成可能な理論上の最大限界に非常に近い性能を発揮します。例えば、アッシュ結晶化装置は、入ってくる灰から塩化物を最大 96%除去します。蒸解薬品は貴重であるため、それらの回収率が高いことも灰処理システムの重要な測定値です。

除去および回収の速度は、工場のESP灰の含有量によって異なります。また、これらのレベルも時間の経過とともに変化する可能性があります。

優れた灰処理システムは、工場の実際の状況にうまく対処できなければなりません。

バルメットのソリューション

バルメットは、灰の浸出および結晶化の両方のテクノロジーを提供しています。

工場に最適なソリューションを見つけるには、適切な分析が必要です。

灰処理の詳細については バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

お問い合わせ
コンタクトフォーム