Valmet frontpage

OptiConcept M

効率的で持続可能な抄紙機

OptiConcept Mは、持続可能な抄造を行うためのモジュール化した抄紙機コンセプトです。OptiConcept Mファミリーは、コンテナボード、カートンボードおよび上質紙の生産に適しており、お客様のニーズを満たすシンプルで適切な機能を持ったソリューションです。

抄紙機を設計、構築、操業するための全く新しい方法

 

OptiConcept Mの操業の収益性は、そのコンセプトの全体的な効率、つまりエネルギー効率および資源効率の高いプロセスや高速生産に基づいています。このスマートな抄紙機のコンセプトは、標準化の利点とモジュール化によるオーダーメイドを組み合わせたものです。このモジュール式プロセスやソリューションによって、マシン幅を最適範囲内に設定し、お客様の様々なニーズや目標に対応した個々の製紙ラインの設計が可能になります。

エネルギー、水、原材料の節約

OptiConcept Mのエネルギー効率は、マシン制御など、周囲ののあらゆるプロセスやシステムを考慮に入れることによって実現されます。OptiConcept Mを用いることで、平均的な生産ラインと比較して最大 30%低いエネルギー消費を達成することができます。バルメットのリアルタイムのエネルギー消費監視ツールを活用することによって、操業コストを最適化し、競争力を維持することが容易になります。実績があり、さらに最新のテクノロジーにより、優れた走行性、安定性、および制御性を備えた高品質の軽量紙の生産が可能になります。軽量化は包装コストの削減に関わっており、これは包装のバリューチェーン全体に大きく影響します。OptiConcept Mを使用すると、原材料やその他の資源の使用を最適化できます。お客様の場合、清水の消費量を最大 30%削減することができます。

組み込まれた安全性と使いやすさ

OptiConcept Mの抄紙コンセプトは、安全性と使いやすさを加えた斬新な設計およびエンジニアリングの革新を表しています。卓越した例の 1つは、新しい通路のアプローチです。操作側のすべての通路は同一のレベルにあることから、階段を上り下りする必要はなくなり、オペレーターに快適な作業環境を提供します。駆動側には広々とした通路があり、アクセスのしやすさと安全性が大幅に向上しています。設計におけるもうひとつの異なる要素は、マシンフレームの構造を簡素化したことです。カンチレバービームが不要となり、駆動側と操作側の基礎荷重は均等です。

コンパクトな設計による二酸化炭素排出量の削減

OptiConcept Mは、全体的なマシン寸法と、必要なマシンルームのスペースが少なくて済みます。このコンパクトなマシンやプロセステクノロジーのソリューションによって、マシンルームのスペースを最大 40%削減します。建設と据付の本質的な節約は、総投資費用にプラスの影響を与えます。。

製紙機械の製作におけるコンパクトな設計や材料の削減も、マシンの二酸化炭素排出量を大幅に削減します。OptiConcept Mのコンパクトな設計により、環境への影響が軽減されます。

製紙メーカー数社が既に OptiConcept Mを選択

バルメットは既にアジア、ヨーロッパ、北米および南米で、板紙および紙の品種をカバーする 30以上の OptiConcept M生産ラインを販売しています。最初に納入されたラインである Lianshen Paper PM 6は、2012年に中国でスタートアップしています。「このコンセプトの最も有益な部分は、水、電気、蒸気の消費量が少なく、据付に必要な作業時間が従来のプロジェクトに比べて 30-40%少ないことです。」と Lianshen Paper社のプロジェクトマネージャー Xue Rong June氏は述べています。流れるような OptiConcept M操業の別の例は、タイの Siam Kraft PM 16です。Siam Kraft Industry社のマネージングディレクター Wichan Jitpukdee氏は次のように述べています。「PM 16は、最先端の紙包装技術を紹介しています。最先端のテクノロジーと SCG Packagingの専門知識を組み合わせることで、当社は今ではあらゆる面でお客様のニーズを満たす製品を製造できるようになりました。」

768 x 384 Siam Kraft_02.jpg
お問い合わせ
コンタクトフォーム