Valmet frontpage

計画的な改造による抄紙機の改善

抄紙機の改造は、生産上の障害の除去、生産コストの削減、操業上の安全性の向上、省エネ、あるいは転抄による新しい紙種の追加などの方法を提案します。改造には、プロセスまたは最終製品の改善を目的として、様々なコンポーネントを使用した抄紙機または板紙抄紙機の改造パートが含まれます。バルメットには、抄紙機改造のための経験や専門知識などの適切なツールがあり、改造に向けたお客様の目標を達成することができます。

新しいマシン vs 改造

古い抄紙機を購入して仕様に合わせて改造するか、あるいは新しい抄紙機を設置するかを選択できる場合、何を検討する必要があるでしょうか。

基本的な経験則は、改造は新しい抄紙機の設置よりも常により多くの需要があるということです。古い抄紙機は、たった10年でも限界があります。新旧のコンポーネントがきちんと連携するようになるには、より多くの時間、費用、エンジニアリングが必要になります。起動曲線を満たすには、より長い時間がかかるでしょう。逆に、新しい抄紙機は一体となって動作するように設計され、統一体として事前にテストされています。

改造には、プロセスまたは最終製品の改善を目的として、様々なコンポーネントを使用した抄紙機または板紙抄紙機の改造パートが含まれます。改造により、生産性、品質、効率が向上し、また様々な紙種を生産できるようになります。また、市場での地位を向上させたり、新しい市場のニーズに対応したり、あるいは競合他社の能力や品質に合わせるための対策など、企業が戦略的なビジネス目標を達成するのにも役立ちます。現在の市場では、一般的な改造は印刷および筆記用紙向け抄紙機の転抄です。

なぜ改造を検討するのでしょうか?

提案された改造の技術的およびプロセスの目標がビジネス目標も満たすということは、確実に価値があります。うれしいことに、要件が何であれ、マシンとビジネスの両方を改善するための多くのオプションや可能性があるということです。

お問い合わせ
コンタクトフォーム