Valmet frontpage

バルメットのプロセスベンチレーション

エネルギーおよびエアフローを完全にコントロール

バルメットの抄紙機ベンチレーションプロセスおよび製品ファミリーは、「OptiAir」というひとつの名前で呼ばれています。OptiAir ファミリーは、紙・板紙抄紙機のプロセスベンチレーション向けのエネルギー効率に優れたセットアップです。OptiAir Hood、OptiAir Recovery、OptiAir Environment の 3つのプロセスおよび製品から構成されています。

エネルギー効率は生産性向上のカギ

紙・板紙の製造工程では、原材料、水、エネルギーなどの資源を、現在よりも効率的に使用することが求められています。エネルギー消費にスポットライトが当てられています。エネルギーは今後も重要な要素であり、生産コスト全体に影響を与えるでしょう。エネルギー消費量の削減による改善は、収益性の向上や CO2排出量の削減という形ですぐに返ってきます。OptiAir プロセスベンチレーションのソリューションは、新旧マシンのどちらにおいてもコストを削減し、収益性を向上させるためのすばらしいチャンスをもたらします。

エアシステムがエネルギー消費量を大幅に削減:

  • エアシステムにおける効率的で最小化された熱および電力の使用
  • シリンダドライヤのエネルギー消費量に影響
  • 熱回収システムによる一次エネルギーの使用量削減

紙の乾燥および蒸発プロセスで使用されるエネルギーは、排気に結びつきます。その後、プロセスベンチレーションおよび熱回収の機能が、実質的にマシンの総エネルギー効率を決定します。

膨大なエネルギーが乾燥に使用されても、エネルギーは消滅しません。シリンダー内で使用された蒸気中のエネルギーは、蒸気を凝縮することで放出されます。そして、このエネルギーがシリンダーセルを通って紙に移動します。蒸気エネルギーは蒸発水分に結合され、最終的には蒸気からのエネルギーとともに蒸発水分は排気となります。実は、給気フローにはすでにたくさんのエネルギーがあるため、シリンダーに入る蒸気フローよりも排気システムにより多くのエネルギーがあります。最新の紙・板紙抄紙機では、50 MW以上の熱が回収可能です。このエネルギー効率を利用することが重要です。

豊富なエネルギー量はドライヤセクションだけではなく、他の真空システム排気やコーティングドライヤの排気のように他のプロセス排気においても存在しています。実際には、すべての水およびプロセスエア加熱に十分なエネルギーがあります。寒冷地での建屋の暖房も、この二次エネルギーでまかなうことができます。

エネルギー分析の結果から、様々なアクションと蒸気消費量への影響を引き出すことができます。

 

OptiAirプロセスベンチレーションは、抄紙機・板紙抄紙機内のエネルギーおよびエアフローを完全にコントロールすることができます。

より少ないエネルギー、より多くの生産量、より高い品質

省エネ、二酸化炭素の削減、エネルギー効率向上のための世界的な目標が設定されています。エネルギーは紙・板紙生産におけるコストの最も大きな部分を占める要素の一つですが、省エネの可能性はまだまだあります。

プロセスベンチレーションシステムは、コストと二酸化炭素排出量を削減し、収益性を向上させるための絶好の新しい機会を提供します。しかし、これらの機会を調査する必要があります。システムが稼働し、紙を製造しているからといって、それらが効率的に稼働しているとは考えないでください。チャンスは必ずそこにあるのです。

エネルギー使用量を段階的に削減していきましょう!

エアシステムのエネルギー効率改善

 

プロセスベンチレーションの詳細については バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

改造を成功させるための計画とは?

抄紙機や板紙抄紙機の改造は、お客様のビジネスの競争力やプロセスの向上につながります。しかし、どこから始めればよいでしょうか? Valmet Rebuild Guideでは、成功に向けた改造コンセプトの策定方法や、改造に関連するリスクを最小限に抑える方法、またフル生産への順調な立ち上げを確実に行う方法などについてご紹介しています。
お問い合わせ
コンタクトフォーム