Østrand社は2023年までに石炭不使用に

気候変動、カーボンニュートラル、低排出エネルギー生産は、環境に配慮したすべてのエネルギー生産者にとって最重要課題である。そのカギは、燃料としての石炭を段階的に廃止し、それをバイオ燃料に置き換えることにある。

10年前、Ørsted社(以前のDONG, Danish Oil and Natural Gas)は、ヨーロッパで最も化石燃料を大量に消費するエネルギー会社の1つだった。今日では、Corporate Knights 2020 Global 100 Most Sustainable Corporations Indexで世界で最も持続可能な企業としてランク付けされている。

Kalundborgにある Ørsted社 Asnaes発電所は、デンマーク最大のエネルギー生産者の1つである。Ørsted社は、発電所の電力と熱の生産を石炭から持続可能なバイオマスに変換することにより、CO2排出量を削減する上で重要な一歩を踏み出した。同社の目標は、2023年までに石炭を不使用にすることである。

Asnæs-6_web.jpg

石炭の段階的廃止を成功させるためのカギとなる Valmet BFB Boiler

この石炭の段階的廃止の成功における重要な役割は、128 MWthのバイオマス燃焼 Valmet BFB Boilerが担っている。

新しい Asnaesの 6プラントは、25 MWの電気容量と、バルメットが供給する煙道ガス濃縮プラントによって生成された 28 MWthを含む 129 MWの熱容量を備えている。地域熱供給やプロセス蒸気の生産は 2019年8月に開始され、2019年11月には送電網への接続やグリーン電力の生産の開始へと進んだ。

Asnaesでの石炭から木材チップへの転換により、現場に残っている稼働可能な石炭火力ユニットを廃止することが可能になった。この転換により、約 40万台の自動車からの年間排出量に相当するCO2削減が実現すると推定されている。

このプロセスは、プラント全体をカバーし、情報管理と安全関連システムを含む Valmet DNA自動化システムによって制御される。バグハウスフィルター、燃焼用空気加湿、煙道ガス濃縮、濃縮処理、煙突からなる煙道ガス処理、地上の発電所の建物、電力の供給、計装もバルメットから供給された。

「このプロジェクトは、お客様との良好な協力のもとで実施されました。現場のレイアウトとスケジュールは困難で、作業の完了には 50万時間以上かかりましたが、現場での負傷事故はありませんでした。」とバルメットのプロジェクトマネージャー Valto Harjuは指摘する。

Valmet BFB Boiler

バブリング流動床(BFB)燃焼技術を用いたバルメットのソリューションは、幅広い燃料柔軟性、高い燃焼効率、高い信頼性、優れた可制御性、そして低排出です。