Valmet Sludge Dewatering Optimizerにより Norske Skogでの脱水プロセスが向上

Valmet SDO operator display (far left) in the control room

Valmet Sludge Dewatering Optimizer(Valmet SDO:汚泥脱水機最適化システム)によって、Norske Skogは汚泥脱水プロセスを安定化し、流動層ボイラーの運転性を向上することができた。

2016年、この目的を達成するために、当工場は Valmet Sludge Dewatering Optimizer(Valmet SDO)ソリューションを購入することにした。汚泥脱水プロセスを安定化させ、流動層ボイラーの運転性を向上させるためである。排水処理を制御することを目的に 2007年に設置した既存の Valmet DNA分散制御システムと統合的に機能するこのソフトウェアパッケージには、Valmet Total Solids Measurement(Valmet TS:全固体濃度含水率測定)のマイクロ波濃度計が付属しており、汚泥脱水を行う固形分の総量を測定することができる。

ボイラーの運転性が向上

「汚泥の主な発生源としては、廃水処理や PM4(LWC(微塗工紙))の不合格品に加えて 2つの脱インキラインが挙げられます。汚泥の発生量は常に一定ですが、リサイクルされた繊維の質や灰分によって変動することもあります。」と、発電所や廃水処理設備を含む工場の設備を担当しているエネルギー管理者 Martin Simmler氏は言う。汚泥の脱水はスクリュープレスを 2回行う脱水重力テーブルで行われ、そのあと 60%の固形汚泥は樹皮と共に工場の流動層ボイラーに送られ、発電や蒸気の発生に使われる。「脱水は工場において添加物を最も消費するプロセスのひとつであり、当社では硫酸バンドと高分子化合物を使って綿状沈殿処理を行っています。Valmet SDO制御によって脱水条件が安定するため、添加物を最適な量添加して、乾燥固形分の目標値を達成することができるようになりました。また Valmet TSを利用すると最適な脱水が実現するだけでなく、ボイラーに送り込む汚泥固形分を測定できるようになるので、ボイラーの運転性が向上します。判断を間違えると工場全体が停止することになりかねません。」と Simmler氏は言う。

固形分を連続的に測定

重力テーブル供給装置に Valmet TSを設置する前は、固形分の総量を知る手段は実験室試験が示す自動試料採取装置の 24時間平均値しかなかったため、短期的な変動を検知することはできなかった。Valmet TSは元々、要求が厳しい紙パルプ工場の環境で使用することを前提とした、第三世代の固形分マイクロ波濃度計である。Valmet TSでは、マイクロ波を用いた取得済みの技術を利用して、プロセスの流れにおける流量や色の影響を受けることなく、固形分の総量が測定される。「我々はすでに脱インク工場において、類似した測定(Valmet Microwave Consistency Transmitter)に関する経験を十分に有しており、2016年に TSを使って、まず低レベルのループ制御から始めています。以前は、流量の測定値と実験室の 24時間平均値しかありませんでしたが、総固形分を連続的に測定することで、良好な制御結果が得られました。」と Simmler氏は言う。Valmet SDOは 2017年の夏に運用を開始している。

Valmet TSを利用すると最適な脱水が実現するだけでなく、ボイラーに送り込む汚泥固形分を測定できるようになります。

安定した運転

「制御室に配置しているひとりのオペレーターが、廃水処理だけでなく、流動層ボイラーの運転、複合サイクルプラント、樹皮の処理を監督しています。これまで汚泥脱水の監督には、特に不安定時は多大なオペレーター時間を要していましたが、Valmet SDOの脱水制御によって、オペレーターの作業が多少容易になりました。これまで求めてきた安定した運転を実現し、プロセスのバランスが向上したため、ボイラーの運転における安定性が向上しました。」と Simmler氏は締めくくる。

 

Valmet TS in the gravity dewatering table feed pipe

重力脱水テーブルの給水管に設置した Valmet TS

 

Otmar Mayerhofer,assistant energy & environment and Martin Simmler, energy manager

エネルギーおよび環境アシスタント Otmar Mayerhofer氏とエネルギーマネージャー Martin Simmler

 

Valmet TS operating unit

Valmet TS 操作ユニット

バルメット汚泥脱水機最適化システム - Valmet SDO

Valmet SDOは、濃縮物中の固形分や乾燥ケーキ固形分の量、遠心分離機の性能、およびポリマーの使用量を最適化することにより、汚泥脱水制御プロセスで使用するために特別に開発されました。

バルメット全固体濃度含水率測定 - Valmet TS

Valmet TSは、マイクロ波テクノロジーに基づいた廃水汚泥処理の全固形分測定であり、汚泥脱水プロセスとポリマー投与量、および一次および二次浄化装置を最適化します。