本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

兵庫パルプ工業でのパルプ化プロセスの改善

兵庫パルプ工業株式会社 谷川工場は、プロセス効率の向上に加えて最高品質のパルプを保証するため、最近バルメットの新しい測定技術に投資した。

兵庫県中央部に位置する兵庫パルプ工業株式会社 谷川工場は、1955年の創業以来、未晒クラフトパルプ(UKP)メーカーとしてのニーズの変化に対応してきた。UKP製造技術の開発に積極的に取り組んでおり、その効率的な生産システムは、世界でもトップクラスのサプライヤーの中で、日本で最大の UKPサプライヤーに成長した。工場は、プロセス効率の向上に加えて最高品質のパルプを保証する取り組みの一環として、最近バルメットの新しい測定技術に投資した。

高品質パルプ

この工場は、パルプドライヤラインに供給する 3つの高濃度ストック貯蔵タワーを備えた単一ラインの連続蒸解およびパルプ洗浄システムを操業している。 2014年にバルメットから供給されたパルプドライヤラインは、ウェットラップパルプの輸送コストや貯蔵上の問題を解決し、販売エリアを中国やその他のアジア市場にさらに拡大することを可能にした。工場施設部門の課長代理である中屋氏によると、最近、特に輸出グレードのパルプシートについて、ISO標準パルプ品質測定結果の必要性が高まっている。クラフトパルプの用途の 1つは、コルゲートダンボールの外装ライナーが強度を付加するための材料であり、主に繊維長によって決定される特性である。 「Valmet FS5 Fiber Image Analyzer(ファイバーイメージアナライザ)は、工場の期待を満たし、他のアナライザよりも繊維長の分類性能が優れています。」とバルメット株式会社 オートメーションビジネスライン 営業部 セールスマネージャーである板東 永師は述べる。

納品、据付、およびスタートアップが予想以上に速く達成された。

ラボ測定の改善

FS5を使用すると、以前の顕微鏡や手分析では測定の準備で 3時間かかるところ、繊維の特性測定が 6-7分で完了する。分析の高速化は、自動濃度調整によって強化され、特別な準備をせずにサンプルを挿入することができ、オペレータのエラーを効果的に排除する。測定の高速化と手順の簡素化に加えて、測定対象の繊維の数が多ければ多いほど手分析と比較した測定精度はさらに向上する。 FS5は、グレード変更中のパルプドライヤーの動作に測定結果をフィードバックすることを可能にするが、以前の測定方法では操業にフィードバックを与えるのに 1日を要していた。 この工場は、パルプシートの品質および強度を繊維の幅および他の繊維の特性と相関させる可能性を有する付加的な価値も見出している。

Hyogo-Pulp-570x277.jpg

2014年にバルメットから供給されたパルプドライヤラインは、ウェットラップパルプの輸送コストや貯蔵上の問題を解決し、販売エリアを中国やその他のアジア市場にさらに拡大することを可能にした。

苛性化の安定化

FS5で品質保証を向上させると同時に、新型 Valmet Recovery Liquor Analyzer(Valmet Alkali R、アルカリ分析装置)に組み込まれている最新の技術を使用して、古い Valmet Alkali Analyzerを更新する機会を得た。 「2002年に始まった古いアルカリ分析装置は、問題なく実質的に良好なサービスを提供していましたが、15年後の機械的信頼性に懸念があります。」とバルメット株式会社 オートメーションビジネスライン サービスエンジニアの仲宗根 優はコメントする。

工場においては、アルカリ分析装置は苛性化プロセス操作のための不可欠なツールであり、交換のためにバルメットを再び選択することをためらうことはなかったと考えられる。 Valmet Alkali Rは、全自動リアルタイムサンプリングと標準滴定法を使用して、水酸化ナトリウム(NaOH)、硫化ナトリウム(Na2S)、炭酸ナトリウム (Na2CO3)および硫酸ナトリウム(Na2SO4)の値を一貫して測定する。還元度、有効アルカリ(EA)、活性アルカリ(AA)、総滴定可能アルカ リ(TTA)、苛性化度(CE%)、および硫化度(S%)を含む。分析はABC滴定手順に基づいているため、パルプ工場の分析室で最も広く使用されてお り、校正は必要ない。

既存の 3つのサンプルポイントに加えて、白液クラリファイヤー出口およびオレンジリカータンク出口に新しく設置されたサンプルポイントにより、以前よりも正確に苛性化プロセスを操作することが可能になった。ラボ測定では、白液およびオレンジの活性アルカリ測定の両方を実施すると 5-6時間を要するが、Alkali-Rの場合、両方の測定で周期は 1時間未満となった。 5つのサンプルラインすべてからの安定した測定結果により、苛性化プロセス操作も安定している。

 

 Mitsutoshi Izumi Power Dept, Responsible for Causticizing/KilnShizuka Funakawa Quality Control Dept. In charge of product inspection

Valmet Alkari Rアナライザーを確認する動力課 苛性化・キルン担当 泉 光敏

信頼できるパートナー

バルメットのサービスによる効果的なオペレータおよびメンテナンストレーニングで、納品、据付、およびスタートアップが予想以上に速く達成された。 中屋氏は「バルメットは、サービスマンのチームワークと技術において、非常に信頼できるパートナーであると考えます。」と結論付けた。