Intelligent Roll Solutions - ロールを超えたデータ

Intelligent Roll Solutionsは、ロールをインテリジェントサービスプラットフォームに変え、データとネットワークをグローバルに分析する新しい方法を提供している。 ロールを超えたこのデータは、効率やコスト削減の強化を対象とする生産目標の達成に役立っている。

すべての紙、板紙、ティッシュ製造メーカーは、生産効率の向上、コスト削減、および最終製品の品質の向上に努めている。 これらの課題に対応するには、プロファイルエラーを修正し、損紙を回避するためのツールが必要となる。

バルメットのインダストリアル・インターネットに基づく Intelligent Roll Solutionsは、バルメットの実績あるロール製品と専門サービスの独自の組み合わせを提案する。 これらのテクノロジーは、紙、板紙、ティッシュ製造メーカーに、高速かつ高感度のオンライン測定、データ分析、リモート分析、プロファイル制御アプリケーション、それに加え、バルメットの専門知識とプロセスノウハウを提供している。

「これらのテクノロジーは、問題の背後にある本当の理由を明らかにし、目的に最も適したロールカバーと他のサービスの適切な組み合わせによってそれらを修正できるようにします。」とバルメットのグローバルテクノロジーマネージャー Tatu Pitkänenは話す。

Tatuは続ける。「その結果、工場は、たとえばプロファイルのばらつきを修正し、プレス効率、サイザの走行性、およびドライエンド材料の効率を向上に向けて脱水を最適化させることができます。これらすべてにより、生産効率が向上し、最終製品の品質が向上します。」

効率を高めるテクノロジーとツール

バルメットの Intelligent Roll Solutionsは、費用対効果の高いモバイルネットワークと安全なリモートアクセスを介して報告される、機密性の高いニッププロファイルと機器の状態分析のためのテクノロジーとツールを提供している。 これらのソリューションには、Valmet iRollおよび iRollポータブルオンラインプロファイル測定ツール、プレスニップ最適化用の Valmet PressSIM2シミュレーションツール、ロールカバーのクラウン形状改善用の CrownSimツール、リール硬度用のオンライン多変数プロファイル制御ツールが含まれており、トラブルシューティング向けとしてバルメットのグローバルなエキスパートネットワークも同様に含まれている。

テクノロジーによって達成された結果

 

断紙を50%低減

プレスニッププロファイルの問題は、通常、シートの破損やロールカバーの故障、フェルトの過度の摩耗を引き起こし、プレスの効率を低下させる可能性がある。 これらの問題を解決するために、Valmet iRollまたは iRoll ポータブルを使用して、プレスセクションで問題を引き起こす条件を特定できる。 次に、シミュレーションツールを使用して、クラウンおよび溝のパターン、ならびにロールカバー仕様を選択する。

Tatu Pitkänenは説明する。「その後、プロファイルフィードバックを使用してニッププロファイルを整えます。これにより、水分プロファイルが均一になり、シート特性の改善に役立ちます。PressSimシミュレーションツールを使用すると、目的に最も適したロールカバーでの脱水の促進に向けてプレスロールカバーの形状を最適化することができます。結果は、ドライネスが1%増加し、ロールとフェルトの寿命が 20%長くなるか、または断紙が最大 50%減少したことを示しています。」

コート重量が 2シグマで 40%向上

サイザの走行性の問題は、多くの場合、不均一なサイザニップの加圧が原因である。さらに、塗工品種では、サイザのプロファイル不良が最終製品の品質を低下させる可能性がある。バルメットの iRoll Sizerは、アプリケーターロッドとサイザニップのプロファイルをオンラインで測定することにより、塗工紙と板紙品種の品質を向上させる最先端のテクノロジーを提供する。正確なニップロードと最適なロールカバークラウン形状は、走行性の向上に役立っている。

たとえば、フィンランドの製紙工場である Stora Enso Anjalaでは、生産中のニップ加圧プロファイルを測定するために iRoll Sizerが設置された。 塗工重量プロファイルは、ツールとして iRoll Sizer測定を使用して、アプリケーターロッドプロファイルを均一にすることで最適化できる。 「その結果、工場はコート重量 2シグマで 40%の改善を報告しました。」とT atu Pitkänenは述べている。「iRoll Sizerを利用する工場ではアプリケーターロールの交換間隔が最大 50%長くなり、サイズプレスの走行性と最終製品の品質が向上しました。」

Stora Enso Anjala製紙工場は、iRoll Sizerとサイザロールカバーにより、CW 2シグマが 40%向上し、高品質を実現した

ワインダの損紙が80%減少

硬度プロファイルの最適化は、リールとワインダの効率、または最終製品の品質と走行性の特性を改善する際に重要な役割を果たす。 「従来、硬度プロファイルは手動で測定されていたため、時間がかかり、オンライン制御ができず、効率の最適化には精度が十分ではありませんでした。」と Tatu Pitkänenは話す。「Valmet iRollはリールの硬度プロファイルをオンラインで測定するため、親枠ロールの硬度プロファイルを改善するために市場で最も高速で最も精度の高い方法を提供します。」

「ドイツの Sappi Alfeld製紙工場では、iRoll硬度プロファイル制御がバルメットオートメーションの多変数プロファイルコントローラーと各グレードの最適制御戦略に適用されたため、以前の数値と比較してワインダの損紙が 80%少なくなり、収益性が向上しました。」

「iRollにより、ワインダ品質の向上に向けて大きな一歩を踏み出しました」と話すドイツSappi Alfeld製紙工場のプロジェクトマネージャー Dustin Jeckstadt氏(左)

 

より良いティッシュプレスのエネルギー効率

ティッシュ製造プロセスでは、Valmet iRollテクノロジーとロールカバーのアップグレードにより、ニップと水分プロファイルが改善され、エネルギーを大幅に節約できる。 ティッシュプレスの効率を改善するための他の重要なステップには、脱水の増加とヤンキー/フードのエネルギー消費の削減が含まれる。

「iRoll測定とリモート状態監視を利用してニップ加圧装置の誤動作を早期に検出することで、ティッシュ生産者は断紙を回避し、より速い速度を達成できます。」とTatu Pitkänenはコメントする。 「目的に最適なカバー材質、表面特性、適切な硬度プロファイルを選択することにより、脱水プロセスも大幅に強化できます。 ここで、データとエキスパートのノウハウの重要性が明らかになります。」

Intelligent Roll Solutionsで何を達成できるのか?

バルメットの Intelligent Roll Solutionsにより、工場はロールを抄紙機のデータソースに変換し、そのデータを利用して生産能力を向上させることができる。問題の背後にある本当の理由を見つけることが、簡単かつ迅速な問題解決につながる。このデータは、改善に向けた潜在能力を明らかにすることもできる。その結果、工場は、最適なクラウンを備えたカバー、フェルト、および消耗品の寿命を延ばすことで節約を実現できる。 より良い生産ラインの稼働性と最終製品の品質により、さらに多くの利益が得られる。「これにより、効率が向上し、より少ないコストでより多くの生産量が得られます。」と Tatu Pitkänenは結ぶ。