HiRun Pウェブスタビライザのサクセスストーリーは続く

Holmen Paper社 Braviken工場でのシート走行性と紙品質の改善

Holmen Paper社 Braviken工場での抄紙機 PM 53は、新聞用紙から高品質 SC紙までをカバーする品種を製造する。PM 53のシングルティアドライヤセクションは 8つのドライヤ群からなっており、すべて当初よりバキュームスタビライザを装備している。昨年秋の改造では、第1群と第2群ドライヤにある 2台の古いスタビライザを新しい HiRun Pウェブスタビライザに取り替えた。新しい HiRun技術を導入する一方で、既存のバキュームロールとサクションエアシステムは利用した。

初日からのシート安定性の改善を立証

2016年 9月、改造の HiRun Pシステムはスタートアップに成功した。この性能は、安定したシート走行とより低いドローを達成するためのあらゆる要件を満たしていた。この改造によってプレス-ドライヤ間のドローを少なくとも 8%減少させることを可能にし、代わりに破断時の伸びを 4.4%増加させ、引張強さを 4.7%増加させた。

責任者である Fredrik Rothman氏はこの結果に満足している。「これは新技術を用いた興味深い改造であり、初日からシート安定性の強化を立証する結果をもたらしました。長期の結果からは、ドローの減少と引張強さの向上が得られており、明らかに私たちの期待を超えるものでした。」

HiRun Pウェブスタビライザは、立証済みの HiRun技術を穴開きロールコンセプトに応用したものである。この技術の主な利点は、高い真空レベルであり、これによって優れたシート走行性が得られ、ドロー減が可能となる。

 

Braviken PM 53は 1996年に稼動し、そして 2015年まで同機は新聞用紙と非塗工雑誌用紙を製造した。2015年のグレードアップの後、今では PM 53は新聞用紙から高品質の SC紙までの品種で坪量 34-50g/m2の紙を製造する。これには近年開発した Holmen UNIQ SC紙が含まれる。PM 53は、ワイヤ幅 9.65mで設計抄速 1,700m/分であり、年間生産能力 310,000トンである。

 

   

Holmen Paperは、従来の紙の選択肢に代わるコスト有効性のある代替品を提供するため、バージン繊維の特性を用いる特殊紙のメーカーである。Holmen Paperはスウェーデンの Braviken工場で、2台の抄紙機 PM 52と PM 53を稼動させており、新聞用紙のほか、雑誌用紙、書籍用紙および SC紙を製造している。工場は自社の TMPラインを有しており、紙生産に必要なパルプを製造している。

 
私たちは、契約に始まりスタートアップに至るまで、プロジェクト管理から据付のスタッフまでのすべての人がよく協力することで、プロジェクトがうまく実行されるのを見てきました。」
Mats Andersson氏と Fredrik Rothman氏