サービス事業関連記事

サービス事業関連記事

10 / 35 件
  • 2019年12月12日

    変革をもたらすバルメットの新型パルプドライヤ折り畳みハッチ

    バルメットの新型パルプドライヤ折り畳みハッチは、Stora Enso社 Imatra工場にとって、今までの考え方を変える革新的な装置であることが明らかになった。従来の危険なパルプドライヤのハッチ操作が、簡単で、すばやく、かつ安全に行えるようになったのである。

  • 2019年12月12日

    アウトソーシングで勝利を得る

    Uni Viridas社は燃料を供給するほか、クロアチアの Babina Gredaにある自社のバイオマス発電所から得た熱エネルギーおよび電力を販売している。その他はすべて、バルメットが対応している。この両者間の良好な協力関係は、2019年初頭に運転・保守契約が延長されたことで継続されることになった。

  • 2019年10月21日

    プレスパートの効率を高めるための正しい選択

    プレスパートは、抄紙機の乾燥能力および巻き取り紙走行性から最終製品の特性にいたるまで、あらゆる要素に関わる。プロセス効率向上の秘訣は、多くの場合プレスパートの消耗品を正しく選ぶことにある。

  • 2019年6月18日

    エアドライヤの技術革新がもたらす節約

    Cartiere del Garda社のオフライン塗工機に新しいノズルを装着してエアドライヤを改修した。その結果、速度は上がり、エネルギー消費量が減り、ウェブの安定性も向上した。何よりも同社は、その顧客に対し今まで以上の品質を、より軽い等級の製品についても保証できる。

  • 2019年6月13日

    最高走行性のためのドクター工程

    Indah Kiat Pulp&Paper(IKPP)社 Perawang工場は、機械の走行性と性能をさらに向上させようとしており、バルメットの専門技術者達に改善が可能な分野の特定を依頼した。ドクター工程全体を見直す計画が立てられた。

  • 2019年2月11日

    SAICA社製紙工場における継続的な性能向上

    スペインで紙・板紙を製造する SAICA社は、2012年に Partington工場で PM 11抄紙機を立ち上げ、英国での事業を開始した。稼働初日からバルメットの専門知識が現場で活用されている。最近パフォーマンス契約を更新しており、この協力関係は少なくとも 2020年まで継続される。

  • 2018年12月10日

    シュープレスベルトファミリーが成長中

    バルメットは 1990年代半ばよりグローバル市場向けにシュープレスベルトを生産している。今では、Valmet Black Beltはその優れた素材構成、耐久性、脱水能力の高さで知られている。現在の紙生産の要求に応えるべく、バルメットはこのほど新型ベルトである Valmet Black Belt Hを開発した。

  • 2018年7月12日

    データとの有意義な対話を始めよう

    バルメットのインダストリアル・インターネットサービスはデータとの有意義な対話をベースにしている。プロセス技術、オートメーションおよびサービスでの私たちのノウハウを用いて、お客様のデータを意思決定のための価値ある資産に変換することができる。

  • 2018年7月10日

    最高抄速での生産を最適化

    ルーマニアの Zarnestiにある EcoPaper社のライナーとダンボール原紙抄造機1号は、操業性、走行性、省エネルギー、最大生産能力といったあらゆる点で、新しい Valmet Sizer Applicator Beamsの恩恵を受けることになった。

  • 2018年6月19日

    一歩一歩、プレス性能を改善

    4段階で実施された改善プロジェクト以後、Thai Cane Paperでは、蒸気消費量低減、走行性改善、シートのドライネス向上、フェルト寿命延長、プレスパートの真空量削減といった効果が出ている。

サービス事業関連記事

10 / 35 件