BS Energy社は石炭ゼロに向けて一歩踏み出す

二酸化炭素排出量を削減するため、多くのエネルギー生産者は、バルメットの持続可能なバイオマス燃焼プラントを用いて環境に配慮している。バルメットの技術で石炭ゼロに向けて一歩を踏み出した企業の1つ、それはドイツ Braunschweigにある BS Energy社である。人口約 25万人の都市にエネルギーを供給し、地域分配ネットワークを所有している。

「私たちは気候に悪影響を及ぼさない未来を目指しており、2022年には無煙炭からの発熱・発電を終了します。約 2億 2000万ユーロのエネルギー発電転換プロジェクトは、当社の歴史上最大の投資をとなります。将来的には、新しいバイオマスCHPプラントと新しいガスタービン CHPプラントおよび既存の Combined-Cycle-CHPプラントを組み合わせて、環境に優しい電力と熱を生成します。私たちの焦点は、今もなお供給の安全性、経済、気候保護にあります。」と BS Energy社 取締役副会長 Paul Anfang氏は話す。

バルメットは、新しいバイオマス CHPプラント用の燃焼排ガス洗浄および予備システムを含む Valmet CFB Boilerを供給する。「バルメットの提案は私たちを納得させました。私たちは、頑強でメンテナンスが容易でありながら非常に効率的で柔軟なボイラーを手に入れることができます。さらに、世界中のプロジェクト事例から専門知識を生かすこともできます。バルメットは、非常に優れた技術的かつ商業的に魅力的なコンセプトを提供してくれます。」と Anfang氏は述べている。

私たちは、頑強でメンテナンスが容易でありながら非常に効率的で柔軟なボイラーを手に入れることができます。

高い熱効率に到達

投資を計画する際、BS Energy社ではプラントの火格子技術とバブリング流動床(BFB)技術を検討したが、最終的にはバルメットの循環流動層(CFB)技術を選択した。

Anfang氏は続ける。「バルメットの技術は、A IからA IVまでの分類の廃材やその他の要件の厳しいバイオマス燃料でも信頼性の高い操業を可能にします。このプロジェクトは、低排出量と高熱効率で将来の環境要件を満たします。バルメットのボイラーは、最終的な過熱をループシールに移動させることで、他の過熱器のライフサイクルを延長させながら、高い蒸気温度を実現します。これにより、プロセスの電気効率を高め、発電量を増やすことができます。したがって、燃料のより高い処理コストも補うことができるのです。」

現在、近代化プロジェクトは、既存の発電所の現場で操業を続けながら段階的に実施されている。バイオマス燃焼 CHPプラントは約 20メガワットの電力と 60メガワットの地域熱を生成し、ボイラーは主に再生木材で稼働する予定である。

Valmet CFB Boiler

Valmet CFB Boilerは、バルメットが開発した最新式循環流動床(CFB)ボイラーです。このボイラーは、さまざまな固体燃料の高効率での燃焼と低排出量を兼ね備えており、これはカロリー値がまったく異なる燃料を同時に燃焼させる時にも当てはまります。