本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

板紙および紙関連記事

板紙および紙関連記事

10 / 38 件
  • 2018年12月11日

    Arkhangelsk BM 2: 再生包装材におけるプレゼンス拡大を目指して

    Arkhangelsk Pulp and Paper Millは、再生包装材に投資を行い、生産能力の 30%引き上げを図ることを決断した。バルメットによる大掛かりな改修を経て、2019年前半に BM 2クラフトライナーの生産ラインが始動する見通しである。同プロジェクトでは、クラフトライナーの品質改善と生産の柔軟性向上の 2点が目標に掲げられている。

  • 2018年7月10日

    最高抄速での生産を最適化

    ルーマニアの Zarnestiにある EcoPaper社のライナーとダンボール原紙抄造機1号は、操業性、走行性、省エネルギー、最大生産能力といったあらゆる点で、新しい Valmet Sizer Applicator Beamsの恩恵を受けることになった。

  • 2018年3月22日

    お客様のニーズが技術革新を推進

    お客様のニーズとグローバルでの大きな動向が、バルメットの 220年にわたる産業史を通じて常に製品開発の牽引力であった。資源効率と開かれた技術革新がバルメットの製品開発とお客様とを結び付ける。製品開発での新たな飛躍のためインダストリアル・インターネットとデジタル化に狙いを定めている。

  • 2017年11月6日

    最高の上質紙品質による差別化

    インドネシアの紙・パルプ産業は市場の拡大のおかげで大きな成長を遂げている。APRILは Riau地方にある同社の Kerinci工場で新しい OptiConcept M非塗工上質紙ラインに投資することでその潜在能力を開発してきた。

  • 2017年7月6日

    Mayr-Melnhof社 Kolicevo工場ではコータセクションの改造によりすべての目標を達成

    「プロジェクトのすべての目標を達成しました。走行性は改造前よりも良くなっており、効率も良くなっています。」と、スロベニアの Mayr-Melnhof社 Kolicevo工場の Rok Sustar氏は述べる。多層カーテンコータとブレードコータは、2015年夏にかなり短期の休転の後、スタートアップした。2層カーテンコータのためのカラー供給システムも設置した。

  • 2017年5月12日

    熱心なサービス姿勢による問題解決

    Ji'an Groupでは、コート白ライナ抄紙機 PM 3の地合向上のためにバルメットの FormMasterブレストシェーカーを選んだ。「バルメットのサービス姿勢は最高であり、最終結果は優れていました。」と Ji'an Groupの製造担当副社長 Young Lu氏は語る。

  • 2017年5月12日

    HiRun Pウェブスタビライザのサクセスストーリーは続く

    Holmen Paper社 Braviken工場でのシート走行性と紙品質の改善

  • 2017年4月24日

    板紙製造で嵩をセーブするための新しい方法

    バルメットが最近開発したアクア冷却カレンダリングは嵩をセーブする興味深い方法である。この方法は、嵩と表面平滑度の比に着目したとき、パイロットマシンでのカレンダトライアル結果が工場での実操業の結果よりも良い値を与えるという事実に基づいている。この理由は、紙または板紙のウェブはパイロットマシンでは冷えており、実際の工場の条件では熱くなっていることによる。

  • 2017年4月24日

    Stora Enso社 Ingerois工場では嵩をセーブするためにアクア冷却カレンダリングを使用

    高品質でより強くより安い軽量板紙: これは板紙メーカーにとって現実の要求である。フィンランドにある Stora Enso社 Ingerois工場は、数十年間にわたって軽さと嵩を向上させてきた。アクア冷却カレンダリングは工場の目標である軽量化に役立った。

  • 2017年4月6日

    DoubleDocドクタ方式により紙切れを大幅に減少

    Iggesund Paperboard社でバルメットのダブルドクタ方式を設置した結果、板紙抄紙機はより一層の安定走行が行え、マシン停止時間は減少した。

板紙および紙関連記事

10 / 38 件