本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

板紙および紙関連記事

板紙および紙関連記事

10 / 49 件
  • 2019年6月19日

    Sun Papers社の PM 38設備が稼働中

    2018年3月、中国山東省のYanzhou製紙工場で、PM 38設備は予定よりも1ヶ月早く上質紙の生産を開始した。PM 38設備は、当初1996年にバルメットがStora Enso社の Suzhou工場に供給した製紙ラインを、Shandong Sun Paper Industry社に移設するプロジェクトだ。

  • 2019年6月19日

    新しい QCSシステムによるプロファイルの向上

    Bäckhammar製紙工場の 2台の抄紙機に搭載されている新しい品質管理システム(QCS)は、坪量と水分のプロファイルを大幅に改善する一方、プロファイルのばらつきを減らした。

  • 2019年6月19日

    軽く、強く、完全リサイクル

    市場の動向に対応し、優れた強度特性と段ボール印刷面特性の両方を兼ね備えた段ボールを製造するために、Pratt Industries社は最近 2台の Valmet OptiConcept M板紙マシンに投資した。

  • 2019年6月18日

    エアドライヤの技術革新がもたらす節約

    Cartiere del Garda社のオフライン塗工機に新しいノズルを装着してエアドライヤを改修した。その結果、速度は上がり、エネルギー消費量が減り、ウェブの安定性も向上した。何よりも同社は、その顧客に対し今まで以上の品質を、より軽い等級の製品についても保証できる。

  • 2019年6月13日

    最高走行性のためのドクター工程

    Indah Kiat Pulp&Paper(IKPP)社 Perawang工場は、機械の走行性と性能をさらに向上させようとしており、バルメットの専門技術者達に改善が可能な分野の特定を依頼した。ドクター工程全体を見直す計画が立てられた。

  • 2019年4月16日

    Burgo社 Verzuolo製紙工場におけるスムーズな生産

    バルメットの専門技術者サービスには遠隔状態分析があり、イタリア Burgo社 Verzuolo製紙工場ではこのサービスが円滑な生産を達成するためのかけがえのないツールであることが証明されている。

  • 2019年4月16日

    インド ITC社 BM1設備における高級塗工板紙製造

    ITC社の投資の背景には、インドにおける包装用紙需要の増加とプラスチック製品の代替があった。新しい BM1塗工板紙紙設備は、費用対効果の高い方法で原材料を高品質の板紙に変換している。

  • 2019年4月10日

    紙だけでなく機能性も

    品質管理システム(QCS)がその耐用年数に近づいたとき、Neenah Coldenhove社は新しい解決策をバルメットに求めた。2016年に Valmet IQ QCSの立ち上げが抄紙機 PM 1で成功し、翌年、次のシステムである抄紙機 PM 2につながった。

  • 2019年2月11日

    SAICA社製紙工場における継続的な性能向上

    スペインで紙・板紙を製造する SAICA社は、2012年に Partington工場で PM 11抄紙機を立ち上げ、英国での事業を開始した。稼働初日からバルメットの専門知識が現場で活用されている。最近パフォーマンス契約を更新しており、この協力関係は少なくとも 2020年まで継続される。

  • 2018年12月17日

    Jujo Thermal社でのパルプリファイナー制御の改善

    Jujo Thermal社の製紙工場は、その PM 1製紙ラインに Valmet Pulp Analyzer(Valmet MAP)を設置した。リファイナーの状態と、それが紙の品質に与える影響を今まで以上に良く理解するためである。

板紙および紙関連記事

10 / 49 件