板紙および紙関連記事

板紙および紙関連記事

10 / 57 件
  • 2020年4月29日

    三菱製紙株式会社 八戸工場でのリファイナー改造による省エネ

    品質は決して単独ではありません。より良い製品とプロセスをもたらす要素の集合体と言えるでしょう。これは三菱製紙株式会社 八戸工場でも同じであり、操業と品質の両方が最適化されました。

  • 2020年4月28日

    Mondi Štětí’sの PM7改善によるワインダの能力向上と安全性の改善

    Mondi Štětíでは PM 7の最終工程部分のボトルネック解消を目指していた。紙繋ぎ装置と自動親巻きロール搬送装置を備えた高速親巻きロール交換ソリューションにより、ワインダの能力は62%向上した。

  • 2020年4月21日

    データによる卓越性の実現

    Mondiとバルメットは協同作業により、Mondiの Syktyvkar紙パルプ工場の運転性能を一段上のレベルに引き上げた。両者の現在の職務遂行契約の要点は、データの利用状況を改善し、よりコラボレーションを活用した作業方法が可能になる、バルメットのインダストリアル・インターネット - VIIソリューションの利用を増やすことにある。

  • 2019年12月12日

    縞模様はトラにしか似合わない

    Mondi社の Steti工場は、パフォーマンスに対する熱意が高い。顧客が、強度などの適正な包装特性をエンドユーザーに提供しながら注目を集めることができる、最適な印刷適性を目指しているのである。

  • 2019年12月12日

    インテリジェントな巨大施設 - Bohui Zibo BM6

    Bohui社が、この種のものとしては幅も含めアジア最大の新型段ボール原紙製造機BM 6を稼働させた。最初のスタートアップから転抄、印刷紙生産にいたるまで、マシンの最適化はバルメット パフォーマンスセンターのサポートを受けてきた。

  • 2019年12月5日

    Valmet MAP Qによる紙料調成の改善

    フィンランドの Pietarsaariにある BillerudKorsnäsでは、世界をリードするクラフト紙と袋用紙を生産している。お客様が求める高品質を実現するためには原材料繊維の特性をより詳しく把握しておくことがきわめて重要であり、このため、工場は Valmet Fiber Furnish Analyzer(Valmet MAP Q)を購入することを決定した。

  • 2019年10月21日

    プレスパートの効率を高めるための正しい選択

    プレスパートは、抄紙機の乾燥能力および巻き取り紙走行性から最終製品の特性にいたるまで、あらゆる要素に関わる。プロセス効率向上の秘訣は、多くの場合プレスパートの消耗品を正しく選ぶことにある。

  • 2019年6月19日

    Sun Papers社の PM 38設備が稼働中

    2018年3月、中国山東省のYanzhou製紙工場で、PM 38設備は予定よりも1ヶ月早く上質紙の生産を開始した。PM 38設備は、当初1996年にバルメットがStora Enso社の Suzhou工場に供給した製紙ラインを、Shandong Sun Paper Industry社に移設するプロジェクトだ。

  • 2019年6月19日

    新しい QCSシステムによるプロファイルの向上

    Bäckhammar製紙工場の 2台の抄紙機に搭載されている新しい品質管理システム(QCS)は、坪量と水分のプロファイルを大幅に改善する一方、プロファイルのばらつきを減らした。

  • 2019年6月19日

    軽く、強く、完全リサイクル

    市場の動向に対応し、優れた強度特性と段ボール印刷面特性の両方を兼ね備えた段ボールを製造するために、Pratt Industries社は最近 2台の Valmet OptiConcept M板紙マシンに投資した。

板紙および紙関連記事

10 / 57 件