本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

紙だけでなく機能性も

Printed cup with text slogan

品質管理システム(QCS)がその耐用年数に近づいたとき、Neenah Coldenhove社は新しい解決策をバルメットに求めた。2016年に Valmet IQ QCSの立ち上げが抄紙機 PM 1で成功し、翌年、次のシステムである抄紙機 PM 2につながった。

オランダにある Neenah Coldenhove社の製紙工場は、1990年代の終わりにあらゆる種類の硬軟表面に使用可能な昇華型転写印刷用グレードを導入し、非常に大きな成功を収め、世界的な評価を得た。無菌包装用のバリア紙などの他の特殊製品と同様に、転写紙の製造はその最終製品に高い品質が求められる。

Neenah Coldenhove is a small specialty producer with two paper machines producing about 20,000 tonnes of paper, which is exported all over the world.

Neenah Coldenhove社は小規模の専門メーカーであり、2台の抄紙機で約 2万トンの紙を製造し、世界中に輸出している。

しかし、同社の2台の抄紙機の QCSシステムは耐用年数に近づいていた。必要な保守の増加、予備部品の欠如、および古くなった坪量測定用放射線源などの問題があった。「古いシステムに必要な保守が、非常に多くありました。」Neenah Coldenhove社のプロセスエンジニアである Gert Van Beek氏はそう説明する。

販売可能な紙を数時間以内に製造

2015年、同工場では Valmet IQ Web Inspection Systemを 2.5 m幅の PM 1設備に設置し、Van Beek氏はとても良い経験をした。「ウェブ検査システムはうまく機能しました。私たちが選んだ他の 2社のサプライヤーよりもバルメットがずっと勝っており、2016年にValmet IQシステムをPM 1設備に設置することを決めました。」

「立ち上げはまったく問題なく、予想以上に順調でした。販売可能な紙がわずか 1時間半で製造できました。翌年、私たちは PM 2設備用に 2台目の QCSを購入しました。これが私たちの評価を物語っています。」Van Beek氏は続ける。

The Valmet IQ Scanner before the reel measures basis weight, moisture, ash and caliper with a single-sided scanner measuring moisture before the glazing cylinder. Machine direction controls include basis weight, moisture, ash, and jet/wire ratio for both headboxes on this two-layer machine.

リールの前に設置された Valmet IQ Scannerは、坪量、水分、灰分、キャリパーを測定し、片面スキャナーがグレージングシリンダー前の水分を測定する。機械方向制御には、この 2層機械上の両方のヘッドボックスについて、坪量、水分、灰分、およびジェット/ワイヤー比を含む。

記録的な速さで 2台目の QCSを設置

より幅広い 3.5 メートルトリムの PM 2設備に対する 2台目の QCSの設置窓は、はるかに狭かった。「ほとんどのケーブル配線を終了後、週末にリール前へのスキャナーフレーム、グレージングシリンダーに水分用の片面フレーム、塗工機に一点式水分測定装置を設置しました。再び、私たちは数時間以内に販売品質の紙を製造することができました。」Van Beek氏は言う。両方の機械のオペレーターは新しいシステムをすぐに受け入れた。そしてVan Beek氏によれば、「新しいQCSは非常に使いやすいため、オペレーターは2日以内に使用頻度の高い部分の操作に慣れました。」

実験室での結果とスキャン結果とは非常に良く整合していた。「何も変更する必要がないグレードがいくつかありました。それ以外でも、較正前の水分と坪量の最大偏差は約 1%でした。」Van Beek氏が言う。「キャリパー相関がおそらく一番の問題でした。しかし PM 1設備については R二乗相関が 0.99であり、PM 2設備についてはもう少し作業が必要でした。」

初回水分管理 - 66%少ない偏差

Van Beek氏は Neenah Coldenhove社に勤務してすでに30年になる。「私が1988年に工場勤務を始めた頃には、すでに両方の設備で QCSを使用していました。ただし水分の管理はずっと行われていませんでした。管理ではなく、単に測定するだけでした。プリドライヤー、グレージングシリンダー、アフタードライヤーの水分管理は手動で行われ、それぞれのシフトにはシフトごとに独自の調整方法がありました。それ以来ずっと、水分を自動的に制御しようとはしませんでした。しかし今はバルメットのシステムが利用できるようになりました。オペレーターはそれを信頼し、それを使い始めています。PM 2設備のオペレーターはすぐに自動水分調整を利用できるようになり、水分の 2シグマ値は以前の手動調整に比べて 3分の1に減少しました。」Van Beek氏は言う。

Gert van Beek takes a closer look at the quality profiles at the control room operator station.

Gert Van Beek氏は制御室の操作部で品質プロファイルを詳しく調べている。

良好な操業の「指紋」

Van Beek氏は、問題を特定するとともに、実際にこの機械を正常に運転するために必要な条件を知りたいとも強調する。「私たちは今この機械について多くのことを学んでいます。IQは分析ツールがあり、私たちは将来もっと活用したいと考えています。現在 PM 1装置上のバルメット品質管理システムとウェブ検査システムの両方から、製造実行システムへと、良好なOPC接続が確立されています。毎秒システムから大量のデータを取得し、それを分析に使用します。機械が本当にうまく動いている時、私たちは『指紋』と呼ぶものを取ります。オペレーターが指紋ボタンを押すと、システムから大量の定義済みデータが保存されます。できればシフトごとに少なくとも1回これを行っています。毎月様々なグレードの指紋の平均値を調べ、それらを次回の開始データに利用しています。」Van Beek氏は説明する。

これによってグレード変更が今まで以上に短期間で行うことができる。現在両方の機械を3交替シフトで稼働しているため、週末の停止後、月曜朝の立ち上げが早くなった。PM 2装置については注文が埋まっているため、すでに 4交替シフトに移行し、隔週で生産を継続している。

私たちは紙だけでなく、機能を販売しています。ですから信頼性の高い品質管理が不可欠です。”

紙だけでなく:機能性

「私たちは紙だけでなく、機能を販売しています。ですから信頼性の高い品質管理が不可欠です。バルメットが私たちに提供したのはその品質管理であり、すでに結果をもたらしています。」Van Beek氏は結論付ける。「バルメットのスタッフの対応は早く、必要に応じた変更を厭いません。」

本文と写真: Nigel Farrand

本記事は広報誌 Forward magazine 1/2019に掲載されています。

バルメット IQ - 品質目標を達成する最もスマートな方法

パルプおよび製紙業界向けのバルメット IQ 品質管理ソリューションは、半世紀以上にわたってバルメットが提供してきた数千件のシステム納入の経験に基づいています。パルプ、製紙、板紙、および繊維生産向けのカスタマイズ可能な品質管理、情報、および管理ソリューションであり、可能な限り単純に、効率的に、持続可能に、プロセスと最終製品の品質目標の達成を可能にします。