オートメーション関連記事

オートメーション関連記事

10 / 29 件
  • 2020年4月21日

    データによる卓越性の実現

    Mondiとバルメットは協同作業により、Mondiの Syktyvkar紙パルプ工場の運転性能を一段上のレベルに引き上げた。両者の現在の職務遂行契約の要点は、データの利用状況を改善し、よりコラボレーションを活用した作業方法が可能になる、バルメットのインダストリアル・インターネット - VIIソリューションの利用を増やすことにある。

  • 2020年4月21日

    燃焼の最適化により NOx排出量を抑制

    Pohjolan Voimaの価値は、2ヶ所のバイオ発電所において、巧みに、大胆に、そして協力して、燃焼の最適化とデータ解析により NOx排出量の削減とエネルギー効率の改善に成功し、復活したことにある。

  • 2019年12月12日

    インテリジェントな巨大施設 - Bohui Zibo BM6

    Bohui社が、この種のものとしては幅も含めアジア最大の新型段ボール原紙製造機BM 6を稼働させた。最初のスタートアップから転抄、印刷紙生産にいたるまで、マシンの最適化はバルメット パフォーマンスセンターのサポートを受けてきた。

  • 2019年12月5日

    Valmet MAP Qによる紙料調成の改善

    フィンランドの Pietarsaariにある BillerudKorsnäsでは、世界をリードするクラフト紙と袋用紙を生産している。お客様が求める高品質を実現するためには原材料繊維の特性をより詳しく把握しておくことがきわめて重要であり、このため、工場は Valmet Fiber Furnish Analyzer(Valmet MAP Q)を購入することを決定した。

  • 2019年9月3日

    電力供給の成長

    Cikarang Listrindo社は、高品質の電力を顧客に供給することでインドネシアの産業開発を 25年間先導してきた。最近新設された同社の Babelan発電所は、バルメットの循環流動床(CFB)ボイラー技術と発電所全域自動化システムにより稼働しており、安定した信頼性の高い電力供給を実現している。

  • 2019年8月13日

    機械の改造から新しい品質管理システムまで

    古くなった品質管理システムの入れ替えを模索していた BillerudKorsnäs社 Karlsborgパルプ工場が、全プロジェクト範囲をカバーできるバルメットと契約を結んだ。この契約パッケージには、要求された機械改造と、秤量および乾燥物含有量をコントロールするための新システムの設置が含まれる。

  • 2019年6月19日

    新しい QCSシステムによるプロファイルの向上

    Bäckhammar製紙工場の 2台の抄紙機に搭載されている新しい品質管理システム(QCS)は、坪量と水分のプロファイルを大幅に改善する一方、プロファイルのばらつきを減らした。

  • 2019年4月16日

    Burgo社 Verzuolo製紙工場におけるスムーズな生産

    バルメットの専門技術者サービスには遠隔状態分析があり、イタリア Burgo社 Verzuolo製紙工場ではこのサービスが円滑な生産を達成するためのかけがえのないツールであることが証明されている。

  • 2019年4月10日

    紙だけでなく機能性も

    品質管理システム(QCS)がその耐用年数に近づいたとき、Neenah Coldenhove社は新しい解決策をバルメットに求めた。2016年に Valmet IQ QCSの立ち上げが抄紙機 PM 1で成功し、翌年、次のシステムである抄紙機 PM 2につながった。

  • 2018年12月17日

    Jujo Thermal社でのパルプリファイナー制御の改善

    Jujo Thermal社の製紙工場は、その PM 1製紙ラインに Valmet Pulp Analyzer(Valmet MAP)を設置した。リファイナーの状態と、それが紙の品質に与える影響を今まで以上に良く理解するためである。

オートメーション関連記事

10 / 29 件