Anhui Shanyingでの持続可能な板紙生産

Shanying Paperの新しい2台のペーパーマシンは、軽量でありながら強度のあるリサイクルコンテナボードを生産する。いずれのマシンも紙 1トン当たりの蒸気消費量は1.5トン以下である。彼らの目的は、より少ないエネルギーと原材料を用いて市場での競争力を強くすることである。

中国のコンテナボード製造会社において初のギャップフォーマ

Shanying Paperは、中国の安徽省にある馬鞍山のプラントに新規に 2系列のバルメット製のコンテナボードラインの導入のため、会社の歴史において最大の投資を行った。高品質のリサイクル原料を用いたコンテナボードラインは、スタートアップ以来 1年以上稼動しており、年産100万トンの板紙を生産している。

リサイクル原料を用いた 2つの新しい高品質生産ライン、PM 5と PM 6への投資の背景にある推進力は、市場のニーズを満たしながらより一層の競争力を与えるように Shanying Paperの生産構造を調節する必要性からきていた。PM 5のコンセプトは効果的なハイブリッドフォーミング技術をベースにしており、一方 PM 6はギャップフォーミング技術をベースにしている。ギャップフォーミング技術を用いての軽量コンテナボードの製造は、中国のコンテナボードメーカーにとっては新しいことである。ヨーロッパでの高品質軽量製品を生産する最も効率の高いコンテナボードラインは、ギャップフォーミングコンセプトを利用して優れた結果を得ている。今や、Shanying Paperはバルメットの技術を用いてこのステップに踏み込んだ。

「私たちは技術とエネルギー消費の視点からバルメットのソリューションを評価し、それを他のメーカーのソリューションと比較しました。その結果、バルメットが軽量であって強度のあるコンテナボードを製造する最適パッケージを提供できることが分かりました。」と、Anhui Shanying Paper Industry社のゼネラルマネージャである Zhan Zhengfeng氏は語る。

持続可能な板紙生産がエネルギーと原材料の両方を節約する

コンテナボードのビジネスは、より少ない原材料を用いエネルギーも低減して、より軽量でありながら強度のある製品を求める傾向にある。「エネルギー消費量と原材料効率の点からするとPM6の環境効率は、全体として、産業標準よりもはるかに良いもので私たちの期待以上のものです。」とはShanying Paperの工場長であるWang Yong氏は語る。彼は続けて、「私たちは電力消費量450 kWh/トンおよび蒸気原単位1.5トン/紙1トンを達成しました。これで私たちの市場での競争力が非常に強くなりました。」

PM 5はスタートアップ以来ずっと順調に操業してきた。生産ラインの最も有益な特徴は高い製品品質、プロセスの安定性および全体を通しての安全性である。「このラインの環境上の利点は水と蒸気の消費量が非常に低いことです。紙 1トン当りの清水消費量は 6トンであり蒸気消費量は 1.5トンです。」と、Shanying Paper PM 5の担当マネージャである Zhang Xianrong氏は述べる。材料効率は非常に高くて、「PM 5の当初の目標は古紙を約 1.15トン用いて紙1トンを生産することでした。しかし、私たちは 1.12トンのレベルに達しました」と Zhang Xianrong氏は述べる。

       

Picture of maintenance manager song zhiming

  
「1年以上の操業から、これらのマシンは非常にスムーズに運転でき、メンテナンスは容易であることが証明されます」

 

Song Zhiming, Anhui Shanying Paper Industry社 メンテナンスマネージャー

 

     

「私たちは技術とエネルギー消費の視点からバルメットのソリューションを評価し、比較しました。その結果、バルメットが軽量であって強度のあるコンテナボードを製造する最適パッケージを提供できることが分かりました」

Zhan Zhengfeng, Anhui Shanying Paper Industry社 ゼネラルマネージャー

 

 

picture of general manager Zhan Zhenfeng 
     

Picture of chief engineer

 

 

 

「オートメーションは抄紙機の頭脳であることから、最新システムを用いてのみマシンに最良の結果を生み出させます」

 

Liu Wenming, Anhui Shanying Paper Industry社 チーフエンジニア
 

機械とオートメーションのスマートな組合わせ

Shanying Paper PM 5と PM 6はバルメット DNA オートメーションシステムをフル装備し、プロセス制御と品質管理ならびにコンディションと走行性モニタリングシステムも含んでいる。同一メーカーからこのような広範囲のパッケージを導入することによって、高いエネルギー効率を持った生産ラインを設計することが可能になった。これはまた決定権者が正しい判断をするに必要なデータを提供してくれる。機械とオートメーションシステムの両方を 1つのメーカーが提供することは、抄紙機の運転をよりスムーズにし、マシンの優位性をフルに発揮する。最新の板紙製造技術とフルオートメーションシステムを統合することで費用と労力の両方が節約できる。Shanying Paper のチーフエンジニアである Liu Wenming氏によれば、「オートメーションは抄紙機の頭脳であることから、最新システムを用いてのみマシンに最良の結果を生み出させます。」

1年間操業した経験

PM 5とPM 6のスタートアップは成功であり、良好な結果をもたらした。PM 6はスタートアップのわずか 12日後に 1,398 m/分の 24時間平均抄速を達成した。3日間の運転の後、マシンは既に販売可能な製品を製造していた。「2台のマシンの据付の間、バルメットの専門度の非常に高い据付チームが私たちをガイドし技術的なサポートしてくれました。1年以上の操業から、これらのマシンは非常にスムーズに運転でき、メンテナンスは容易であることが証明されます。私たちのスタッフはトレーニングのためバルメットの Wuxiサービスセンターを訪問できます。そこでは、私たちの技術力を向上させ、2台のマシンをメンテナンスする能力を向上させました。」と、Shanying Paperのメンテナンスマネージャである Song Zhiming氏は述べる。

 

Anhui Shanying PM5 and PM6

Shanying Paperの高品質リサイクル原料を用いたコンテナボードライン PM 5と PM 6は、年産100万トンの板紙を生産している