Siam Kraft社は最先端技術を用いて前進

タイでのコンテナボードの成長の可能性を探求するため、製紙メーカーであり SCGペーパーの子会社の Siam Kraft Industryはタイで新しい生産能力への投資を行った。同社はより広範囲のプロジェクトの実施が行える完全な OptiConcept M 板紙抄紙ラインを提供するバルメットを選んだ。タイの Ratchaburiの Ban Pon工場にて PM 16 は、計画よりも丸 11日早い 2014年10月にスタートアップした。

世界有数のエネルギー効率

「タイ市場は東南アジアの他の市場に比べるとかなり進んでいます。それで、私たちは、十分高い生産速度、経済規模の利点を生かす機会、そして高品質板紙を生産する能力を持ったより効率的なマシンに投資する必要がありました。今日、省エネルギーはみんなの心にあります。そしてこれは当方の投資の背後にある推進力の一つでもあります。」と SCG Paperのエンジニアリング部門のディレクターである Sompob Witworrasaku氏は述べる。

軽量化というのは原材料の節約と包装コストの低減である

低坪量でのコンテナボードの生産を行い、同時に高い強度を保持することは板紙メーカーにとって挑戦である。Siam Kraft社の PM 16 はこの挑戦に取り組んでいる。PM 16は高品質の 100%リサイクルの中芯の坪量 90-150 g/m2を生産している。軽量化は包装コストの低減に繋がっており、包装価格のチェーン全体に非常に大きな影響を及ぼす。「原材料とその他の資源としての OCC の利用は最適化できます。これは私たちにインパクトを与えるばかりか、顧客にもインパクトを与えます。彼らも同様に資源の使用をより少なくすることができます。」と Sompob Witworrasakul氏は述べる。

SCG Paper社 Ban Pong工場 Complex ミルディレクタ  Peerapol Mongkolsilp氏(左)と SCG Paper社 エンジニアリング部門ディレクタ  Sompob Witworrasaskul氏

円滑なプロジェクト実行と専門的なアフターサービス

OptiConcept M 板紙生産ラインに加えて、バルメットは、完全なミルエンジニアリング、据付、それに試運転、テストおよびスタートアップに関係した指導員による監督を含めた広範囲のプロジェクト実施を行った。トレーニングサービスも納入範囲に含まれていた。「このことは、当方の関係者がプロジェクト管理に集中し、一方でメインサプライヤが幅広い納入範囲に責任を持つことを意味します。」と SCG Paper社 Ban Pong工場 Complex ミルダィレクタ Peerapol Mongkolsilp氏は述べる。

SCGペーパーの子会社である Siam Kraft Industryは、タイでの最初の包装用紙メーカーであり、ASEAN、すなわちタイ、フィリピンおよびベトナムに生産ベースを持った主導的なメーカーの1つである。これらを合わせた生産能力は年産230万トン。Ban Pong工場はクラフト紙、ライナーボード、中芯および袋用紙を生産している。Siam Kraft Industryは産業の国内、海外両方の需要を賄うように生産能力を継続的に拡大している。「PM16は最先端の包装技術のショウケースです。これは最先端技術と SCG Paperの専門技術を結びつけます。つまり、私たちはあらゆる方法で顧客ニーズを満たすような製品を今では生産することができます。」と同社のマネージングディレクタである Wichan Jitpukdee氏は述べる。