本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

記事

バルメットの技術およびサービスに関する記事のページへようこそ! このセクションでは、お役に立てるような、世界中のお客様の重要な事例やサクセスストーリー、またバルメットのイノベーションや製品についてのストーリーを掲載しています。

また、各分野の記事はバルメット グローバルサイト(英文)からもご覧いただけます。

記事

10 / 141 件
  • 2019年6月30日

    クレシア春日への家庭紙第二抄紙機の納入

    バルメットと川之江造機株式会社は、クレシア春日株式会社へ家庭紙製造ラインを再び共同で納入する。新しい Advantage DCT 135HSマシン設備は富士工場での年間生産能力 40,000トン増をもたらす。

  • 2019年6月19日

    CFBボイラーの柔軟性を証明する100台目の受注

    燃料が挑戦的であればあるほど、バルメットの循環流動床(CFB)ボイラーが示す柔軟性は高くなる。CFBボイラーは、石炭専用ボイラーから、バイオマスおよびその中間体を燃焼させるボイラーへと進化した。

  • 2019年6月19日

    Sun Papers社の PM 38設備が稼働中

    2018年3月、中国山東省のYanzhou製紙工場で、PM 38設備は予定よりも1ヶ月早く上質紙の生産を開始した。PM 38設備は、当初1996年にバルメットがStora Enso社の Suzhou工場に供給した製紙ラインを、Shandong Sun Paper Industry社に移設するプロジェクトだ。

  • 2019年6月19日

    廃棄物からエネルギーへ

    Zibo Green Energy New Energyは、廃棄物をエネルギーに変えるために、バルメットの最新式循環流動床(CFB)ボイラー技術を活用した中国で最初の会社である。その性能の更なるレベルアップだけでなく、同社の例は自治体の廃棄物利用エネルギー部門全体の方向性を定めつつある。

  • 2019年6月19日

    新しい QCSシステムによるプロファイルの向上

    Bäckhammar製紙工場の 2台の抄紙機に搭載されている新しい品質管理システム(QCS)は、坪量と水分のプロファイルを大幅に改善する一方、プロファイルのばらつきを減らした。

  • 2019年6月19日

    新しい漂白ラインへのスムーズな移行

    世界最大のパルプメーカーの新漂白ラインプロジェクトは、多くの面で期待を超え、記録的な速さで暫定的承認を受けた。優れたプロジェクト計画によるものだった。

  • 2019年6月19日

    SCA社では世界最大の針葉樹パルプラインの操業を開始

    世界最大の漂白針葉樹クラフトパルプ生産ラインが、現在スウェーデンで稼働している。SCA社の大規模な Heliosプロジェクトは既存の Östrandパルプ工場を全面的に改修するものだが、教科書のような成功実施例だ。

  • 2019年6月19日

    軽く、強く、完全リサイクル

    市場の動向に対応し、優れた強度特性と段ボール印刷面特性の両方を兼ね備えた段ボールを製造するために、Pratt Industries社は最近 2台の Valmet OptiConcept M板紙マシンに投資した。

  • 2019年6月18日

    エアドライヤの技術革新がもたらす節約

    Cartiere del Garda社のオフライン塗工機に新しいノズルを装着してエアドライヤを改修した。その結果、速度は上がり、エネルギー消費量が減り、ウェブの安定性も向上した。何よりも同社は、その顧客に対し今まで以上の品質を、より軽い等級の製品についても保証できる。

  • 2019年6月13日

    最高走行性のためのドクター工程

    Indah Kiat Pulp&Paper(IKPP)社 Perawang工場は、機械の走行性と性能をさらに向上させようとしており、バルメットの専門技術者達に改善が可能な分野の特定を依頼した。ドクター工程全体を見直す計画が立てられた。

記事

10 / 141 件