Valmet frontpage

損紙の処理

抄紙機には、効率的な損紙処理システムが不可欠です。スラッシング効率が良好であることはもちろんですが、生産量の変動に対応できることが最も重要な要件の 1つとなります。この作業は、シートが分解しやすいウェットエンドでは比較的簡単ですが、ドライエンドトリムや特にコート部分の損紙はスラッシングがより困難で、紙料から不純物を除去するために別途デフレーキングやスクリーニングが必要となる場合があります。

Broke_pulping_horizontal_768x330.png

損紙のパルプ化

Valmet Broke Pulpersは、あらゆる損紙のパルプ化用途において高いパルプ化効率を実現します。Valmet Brok Pulpingソリューションにより、工場は高い安定した濃度を維持し、損紙処理における脱水の必要性を低減することができます。

詳細は バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

損紙のスクリーニング

プラスチック、ガラス、金属、砂利、粘着性のある粒子など、これらはすべて工場の紙料に含まれる一般的な不純物です。不純物や汚染物を除去しなければ、設備にダメージを与え、工場全体の品質を低下させる可能性があります。繊維の損失とコストを抑えながら目標とするパルプ品質を達成するためには、高効率のスクリーニングがカギとなります。

詳細は バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

screening_768x300.png
screening_2_768x330.png

損紙およびパルプのシックニング

Valmet Gravity Thicknerは様々な洋紙や板紙品種に対応し、コンパクトでコスト効率の高いプロセスで高い脱水能力を実現します。

詳細は バルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。

お問い合わせ