本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

日本におけるバイオマスエネルギーのブーム

バルメットは、国内のパートナーである JFEエンジニアリングと協力することにより 4基の多種燃料ボイラプラントを納入し、日本のエネルギー生産能力がより一層青信号に向かうことに強く関わっている。

Green Forest Paper社では PressPolarが生産のボトルネックを除去

Green Forest Paper社の工場は、高線圧で用いるプレスロールに最適なロールカバーを選ぶことによって生産を増し、エネルギーを節約し、メンテナンス費用の削減をやり遂げた。

Kuopion Energia社は約束を実行

数年に亘る大規模な投資計画の最終段階で、Kuopion Energia Oyは将来への自信を掴んだ。彼らのHaapaniemi CHP発電所は、バルメット製ボイラー、エアーエミッションコントロール、およびオートメーション技術の真のショーケースである。

一歩先を行くための "Shared Journey Forward"

メンテナンスは、あなたが実行し、計画し、生産から離れて発展させるような独立した作業ではない。工場メンテナンスの有効性とコスト競争力を分析するとき、利用できる度合いの目標を考慮に入れなければならない。Ahlstromとバルメットは、Ahlstromのメンテナンス方法を発展させメンテナンス効率を向上させるための仕事を共同で行ってきた。

バルメットについて

バルメットは紙パルプおよびエネルギー産業へのテクノロジー、オートメーション、そしてサービスに従事しており、グローバルなディベロッパーとしてのリーディングカンパニーです。バルメットの目標はお客様への貢献において、覇者(グローバルチャンピオン)になることです。2016年のバルメットの売り上げはおよそ29億ユーロであり、12,000人の専門家が世界中で従事しています。バルメットの本社はフィンランド、エスポ(Espoo)にあり、Nasdaq Helsinkiに上場しております。