Valmet frontpage

循環型経済を前進させる

なぜ循環型経済を追求することが重要なのでしょうか?

循環型経済は、私たちが直面している 2つの重要な世界的課題、つまり深刻な天然資源の不足と気候変動に取り組んでいます。

現在の人口は地球が供給できる以上の資源を消費しているため、地球の持続可能な未来は脅かされています。そのため、ライフサイクル全体で資源や製品をより有効に活用するための新しい方法を見つけることが急務となっています。

循環型経済では、製品、コンポーネント、材料は廃棄されるのではなく、継続的なサイクルにとどまります。本旨は、新しい材料の使用をできるだけ少なくし、既存の材料使用の流れをより長くして、無駄を最小限に抑えることです。これは、初期段階での原材料の必要性を減らし、プロセスで材料をより長く循環させ、使用済みの材料をリサイクルし、綿密に計画されたメンテナンスで生産設備の寿命を延ばすことによって達成できます。

循環型経済におけるバルメットの役割(クリックして図を拡大)

循環型経済へのアプローチ

私たちにとって、循環型経済は、私たち、お客様、その他の利害関係者、そして社会にとって持続可能な未来を築く方法です。循環型経済の基本的な考え方は、再生可能資源を持続可能な結果に変換する、という私たちのミッションに組み込まれています。

循環型経済は、パルプ、紙、エネルギー生産のためのバルメットのソリューションの不可欠な部分です。私たちのテクノロジー、オートメーション(自動化)、サービスの提供を通じて、循環型経済をお客様の事業に適用していただく上で重要な役割を果たしています。私たち自身の事業では、資源効率を高めるためにプロセスを絶えず改善し、技術提供におけるリサイクル材料の利用を最大化することを目指しています。

「バルメットは循環型経済に関して好位置につけています。私たちのテクノロジーやサービスにより、お客様が再生可能な材料から持続可能な製品を生産できるようにすると同時に、独自のプロセスを継続的に開発しています。たとえば、2019年 10月、バルメットは、板紙、紙、ティッシュ、パルプの生産にバイオマテリアルとリサイクル材料をベースにしたロールカバーを世界で初めて発売しました。」とバルメット マーケティング・コミュニケーション・サステナビリティ担当責任者 Anu Salonsaari-Postiは述べています。