健康、安全、環境

お互いを大切にする文化

安全は私たちの相互作用の中で毎日生み出されると信じています。そのため、HSEに関するオープンで継続的な対話を促進し、組織のすべてのレベルにおいて安全に対する前向きな姿勢、スキル、行動の発展に注力しています。

私たちは、安全に作業し、HSEの手順に従い、お互いを大切にし、HSE活動に参加し、そして継続的な改善に貢献することにより、安全で健康的で管理の行き届いた職場に関して責任を負っています。

バルメットの経営者が先導するHSE開発は、ビジネス管理プロセス、パフォーマンス目標、および戦略的および年間計画の一部です。

お客様や請負業者との積極的な協力

私たちは、お客様、サプライヤーや請負業者と協力して、共有作業現場の安全を確保します。私たちは、効果的な計画、共通の目標やルールへの取り組み、明確な責任、高い協調性やオープンなコミュニケーションが、すべての人々が健康で安全に帰宅できるようにするためのカギであると信じています。すべての人々の安全を確保するために、ベストプラクティスのある HSEツールの使用や行動をお客様の現場で実施します。

また、請負業者数社に対し HSEデーを毎年開催し、安全への取り組みや期待を主要な現地サプライヤーと整合させています。持続可能なサプライチェーン方針に加えて、サプライヤーおよびその他のビジネス担当者に対し、バルメットの HSEポリシーを認識して遵守するよう求めています。

認定されたオペレーション

バルメットのグローバル管理システム(GMS)は、すべての操業における品質と HSE管理のための共通のプラットフォームを提供します。年次計画プロセスを通じて、目標と改善イニシアチブはすべてのユニットと所在地で調整され、バルメットの戦略的な HSE目標に向けて開発を推進します。ベストプラクティスを一般的なグローバルプラクティスに取り入れることで、HSEパフォーマンスの持続可能な改善を実現できます。

私たちのビジネスのマルチサイト認証は、品質(9001:2015)、環境(14001:2015)、健康および安全(ISO 45001:2018)管理システムに関する国際 ISO規格に従って、プロセス指向で標準化されたグローバルな作業方法があることをお客様やその他の利害関係者に保証すると信じています。私たちの目標は、2025年までに少なくとも 90%の従業員が 3つの基準すべてに認定された業務に従事することです。バルメットのすべての地域では、定期的に内部監査が行われています。

バリューチェーンの環境フットプリントの削減

私たちのサプライチェーンは、バリューチェーン全体の環境への影響の約 4%を占めると推定しています。持続可能なサプライチェーン活動を通じて、サプライヤーと協力し、環境への影響を減らすための製品を開発しています。

環境への影響の約 1%は私たち自身の事業から生じています。化石燃料を再生可能エネルギーに置き換え、CO2を含まない電力と地域熱供給を購入し、地域でエネルギー効率の改善を実施しています。また、デジタルツールを強化し、リモートワークを習慣にし、CO2排出量の少ない移動手段での通勤を促進します。2020年の間に、1,500万ユーロが私たち自身の事業における環境改善と管理に投資されました。

バルメットのバリューチェーンの環境への影響のほとんどは、そのテクノロジーの使用段階から生じています。私たちは新しいテクノロジーを開発し、現在のサービス提供のエネルギー効率を改善して、お客様の環境および安全性能を向上させます。

化学薬品および有害物質の責任ある管理

バルメットは、化学薬品規制に関する欧州連合規則(REACH規則)および特定有害物質の使用制限に関する指令(RoHS指令)の目標に向かって全力で取り組んでいます。

バルメットでは、私たちの活動における有害物質の使用を最小限に抑え、当局からの要件を予測するために、予防原則と代替原則を積極的に実施しています。ECHAの高懸念物質候補リスト(SVHC)を常に監視して、継続的なコンプライアンスを確保しています。

バルメットのグローバルな事業が満たさなければならない最低要件は、バルメットの有害物質への露出基準に詳細が記してあります。これには有害物質の管理からラベル付けに至るまであらゆることが含まれます。

2020年の HSEにおける主要な指標:

1,850
マネージメントによる安全点検の回数
24,500
安全観察とニアミスレポート件数
97%
安全委員会の普及率
3.1
自社従業員の TRIF(記録すべき発生事象の発生率)