本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

総所有コスト(TCO)の最適化のためのオートメーションアップグレードとロードマッピングサービス

ソフトウェアのアップグレードは高価であり、プロセスのライフサイクル全体を通じて経費を最小化することが重要です。適切な投資プランニングとライフサイクルマネジメントにより、総所有コストを削減できます。

課題: ソフトウェアサポート、総所有コストの削減、投資プランニング

マルウェアやウイルスに対する脆弱性の増加など、古くなったソフトウェアに伴うリスクを回避するために、オペレーティングシステムは定期的にアップグレードする必要があります。古くなったソフトウェアを使い続けると、高価なリソースがより多く必要になったり、ソフトウェアサポートが打ち切られたりするため、サポートコストが高くなる場合があります。

より長期的な投資プランニングは、不確実な投資環境では危険を伴うことがあります。予期しない出来事に備えて十分な運転資本を確保しておくことと、プロセスの全期間での支出を最小化することも重要です。

ソリューション: オートメーションアップグレードとテクノロジーロードマッピングサービスによる迅速な投資回収

バルメットのテクノロジーロードマッピングサービスは、お客様と協力して、お客様のシステムニーズと要件に応じたライフサイクルプランを開発します。オートメーションアップグレードプランにより、ソフトウェアを毎年、コスト効率良くアップグレードすることができます。

継続的なアップグレードにより、最新のソフトウェア機能を迅速に、定期的に利用できるようになります。これは、大規模な1回限りのアップグレード方法と違って、必要な新機能は大規模なアップグレードビジネスケースに合わせなければならないということがないので、次のメジャーアップグレード時期まで最新の生産性強化技術を利用できないということがありません。

定期的なアップグレードと定額契約により、ライフサイクル支出に関する不確実性はほとんどなくなり、コストとキャッシュフロー変動の最小化に役立ちます。

利点: アップグレードのコストと利点の最適化、投資プランニングの不確実性の軽減

継続的なソフトウェアアップグレードは 1回限りのアップグレードより安価であり、新機能の取得が容易かつ迅速です。さらに、オペレーティングシステムやソフトウェアのサポート打ち切りによるサポートの中断やシステムのリスク増加の心配がありません。

  • 総所有コストの削減
  • 複雑で高価なビジネスケースを必要とせずに新機能を取得できる
  • システムリスクの最小化
  • 有効かつ最新のソフトウェアサポートの確保