パルプ向けの最適化ツール(APC高度プロセス制御)

プロセスパフォーマンスの最大化は、電力、パルプ、紙のいずれにおいても、最終製品の提供に必要な運用コストを削減することによって収益性を直接高めるため、重要な成功要因となります。生産目標の達成に向けてエネルギーや材料の消費量が少ないほど、収益性が向上します。

特徴

まず、お客様の製紙、パルプ、または発電プラントの性能監査を実施します。これにより、最適化分野を特定してお客様と合意し、目標値(節減、排出量など)の推計を提供することができます。これらについて合意された後、特定されたすべての作業分野で高度プロセス制御ソリューションを実施し、特定した目標値の達成を目指します。

生産プロセスの最初の最適化が完了したら、パフォーマンスを継続的に監視して、生産プロセスを最適状態に保ち、継続的に生産パフォーマンスを最大限達成できるようにすることができます。継続的パフォーマンス契約と呼ばれるこの独自のサービスにより、性能上のメリットが維持され、失われることはありません。

メリット

  • 透明性および制御 - 節減の可能性は最適化業務の提案とともに事前に特定され、お客様での管理が可能
  • コスト削減 - エネルギーと原材料の消費量を削減し、目標の歩留まりを実現
  • プロセスのバラツキの軽減 - プロセスのバラツキを最小限に抑え、製品品質を向上させ、最適な操作ポイントに近づけたプロセス操業が可能に
  • 資産パフォーマンスの最適化 - 投資回収率を最大化
  • 運用の信頼性と柔軟性の向上 - プロセスの安定性の向上は、生産設備の摩耗が少ないことを意味する
  • 長期的ソリューション - プロセスおよび生産パフォーマンスが継続的に監視され、利得が長期にわたって維持されるようにする

APC

パルプ向けの APC高度プロセス制御についての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。