本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

パルプ向けの APC高度プロセス制御

プロセスパフォーマンスの最大化は、電力、パルプ、紙のいずれにしても、最終製品の提供に必要な運用支出を削減することによって、収益性を直接増加するため、不可欠な成功要因です。生産目標に合わせてエネルギーと原材料の消費量を削減すればするだけ、収益性が上がります。

機能

まず、お客様の製紙、パルプ、または発電プラントのパフォーマンス監査を実施します。これにより、最適化分野を特定して、お客様と合意し、目標値(節減、排出など)の推計を提供することができます。これらについて合意できた後、特定したすべての作業分野で高度プロセス制御ソリューションを実施して、特定した目標値の達成を目指します。

生産プロセスの最初の最適化が完了したら、パフォーマンスを継続的に監視して、生産プロセスを最適状態に保ち、最大限の生産パフォーマンスの継続的達成を確保します。継続的パフォーマンスアグリーメントと呼ばれる、この独自サービスは、パフォーマンスの利得が維持され、失われないようにします。

利点

  • トランスペアレンシーとコントロール - 潜在的な節減は、最適化活動の提案とともに事前に特定され、お客様が主導権を握ることができます。
  • コスト節減 - エネルギーと原材料の消費量を削減して、目標の歩留まりを実現します。
  • プロセスのバラツキの軽減 - プロセスのバラツキが最小化されれば、製品品質を高め、最適な運用ポイントに近づけてプロセスを運用できるようになります。
  • 資産パフォーマンスの最適化 - 投資回収率を最大化します。
  • 運用の信頼性と柔軟性の向上 - プロセスの安定性の向上は、生産機器の疲労の軽減を意味します。
  • 長期的ソリューション - プロセスおよび生産パフォーマンスが継続的に監視され、利得が長期にわたって維持されるようにします。

APC

パルプ向けの APC高度プロセス制御についての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。