一緒に学ぶ

Senior Reliability Engineer Dan Griffith and Senior Maintenance Planner Rob Wilson of Irving Pulp and Paper, Canada, joined Valmet’s Maintenance School to ensure the maintainability of their 25-year-old TwinRoll presses. Starring here in front of their Valmet TRPW 1752.

バルメットのメンテナンススクール(Valmet Maintenance Schools)およびロールアカデミー(Valmet Roll Academies)では、パルプおよび製紙業界の皆様にご参加いただき一緒に学んでいる。これは、ライフサイクル全体を通して機器のメンテナンスや操作に必要となる最良の知識やスキルを身につけるための手助けとなっている。

メンテナンススクールでは主要なテクノロジーへの見識を提供

北米では、すでに 4,000人を超える業界のエキスパートがこの独自の学習体験を共有している。Irving Pulp and Paper社からは、シニアリライアビリティエンジニア Dan Griffith氏とシニアメンテナンスプランナー Rob Wilson氏が Montrealで行われた3日間の TwinRoll Press Maintenance Schoolに参加された。Irving Pulp & Paper社はカナダで針葉樹および広葉樹グレードのクラフトパルプを生産しており、バルメットとは長い間成功を収めてきた歴史がある。

「私たちはバルメットと素晴らしい協力関係を築いており、彼らの技術指導やメンテナンスに関する提案を信頼しています。しかし、年間生産能力 335,000トンで、25年前のツインロールプレスを 18ヶ月間 24時間年中無休で稼働する必要があったため、私たちの知識を見直して、プレスを正しくメンテナンスしていることを確認したかったのです。」 と Griffith氏は話す。「目標は、機器のライフサイクル予測やメンテナンスの可能性を常に把握することです。」

「史上最高のトレーニング!」 教室から現場まで

「バルメット メンテナンススクールでは、主要なファイバーライン製品に特化した詳細なトレーニングを提供しています。」とバルメットグローバルワークショップサービス担当取締役 Carlo Marroccoは述べている。「トレーニングプログラムは、機器の設計や操作、メンテナンスに関する提案の見直し、トラブルシューティングテクニックの重要部分とアップグレードの可能性に焦点を当てた、さまざまなプレゼンテーション資料で構成されています。教室でのトレーニングに加え、バルメットの秘めた可能性を探るための独自の現場ツアー体験も行っています。」

「このトレーニングは私たちの予想を上回りました。」と Griffith氏は熱心に話す。 「すべてのプレゼンテーションは非常に知識が豊富でためになるものでした。これに加えて、製造現場のツアーでは、さまざまな解釈を含むあらゆる見解が提供され、理論を実践に応用することができました。簡単に言えば、これまでで最高のトレーニングです。」

独自の学習体験

メンテナンススクールでは、テクノロジーに関する見識と業界エキスパートのチームとを結びつけている。「ある工場向けに設定されているのではなく、「トンあたりのコストを抑えるコツ」やシャットダウン間隔 18ヶ月への熱意など、多くの参加者が同じ気持ちを共有しています。また、各工場には独自の議題の提起が求められています。」と Marroccoは説明する。「コースの最後には参加者に修了証書が授与されます。」

Griffith氏と Wilson氏は業界のネットワークも評価している。「業界の仲間と一緒に問題を解決することにより、このトレーニングは私たちにとってユニークな学習体験になりました。」と彼らは同意する。多くの人々は、さまざまなプレスサイズでの経験によって、日常のメンテナンスに直接関与していました。」と Wilson氏は指摘する。 「私たちは彼らの質問やバルメットの回答から学び、日常の予防メンテナンスのために多くの新しいヒントをもらいました。何よりも、古いプレスはまだメンテナンス可能であると確信しました。」と Griffith氏は結ぶ。

業界の仲間と一緒に問題を解決することにより、このトレーニングは私たちにとってユニークな学習体験になりました。

バルメットロールアカデミー - 性能向上に向けて一緒に

長い間バルメットのパートナーである ITC Bhadrachalamは、バルメットのロールアカデミーを利用するために 3つの工場から参加者を集めた。インドでのロールに関する見識へのこの最初の 3日間の旅は、バルメットのグローバルテクノロジーマネージャー  Timo KaronenRob Stapels、およびバルメットインドのミルセールスマネージャー  Ankit Aryaによって計画および実施された。「工場は性能を向上させることに熱心でしたので、バルメットにサポートを求めていただけるよう私たちは率先して取り組みました。」とインドで初めて行われたロールアカデミーの立役者 Aryaは話す。

Article_Learning together_ITC Karonen_570x410_.jpg

バルメット ロールアカデミーには、たとえば、バルメットサクションロールの講義と実践的なトレーニングの両方が含まれている。

ITC Bhadrachalamは、インドで最大のパルプおよび板紙の統合メーカーである。「私たちはバルメットと30年のパートナーシップを結び、数十台のマシンの交換やいくつかの専門的なメンテナンスオーディットを実施しています。インドで増大している市場の需要に対応するには、自社のメンテナンスマネージャーの知識とスキルを強化する必要もあります。」と ITCの工場運営担当副社長 Makarand Barnanpurkar氏は強調する。 「ダウンタイムを減らし、交換間隔を長くする上で、適切なロール材料がどれほど決定的であるかを知ることは、私たちにとって特に重要です。」

Article_Learning together_ITC_570x320_edited-1.jpg

ITC Bhadrachalam向けのバルメットロールアカデミーはインドで初めて行われ、3つの工場から参加者を集めて、バルメットのロールテクノロジーについてより深い見識を得ることができた。.

 

バルメットメンテナンススクールとロールアカデミーは有料で行われ、修了証書が含まれている。

業界の仲間と一緒に問題を解決することにより、このトレーニングは私たちにとってユニークな学習体験になりました。”
Dan Griffith氏、Rob Wilson氏
バルメット メンテナンススクール

主要なファイバーまたはペーパーライン製品の 1.5日間のトレーニング:

  • リファイナーメンテナンススクール
  • 化学パルプ工程向けメンテナンススクール
  • TwinRollプレス メンテナンススクール
  • チッパーメンテナンススクール
  • ペーパーマシンメンテナンススクール(5日間)

北米、南米およびスカンジナビアで実施

バルメット ロールアカデミーおよびロールメンテナンススクール

紙・板紙およびティッシュメーカー向けの 2~3日間のトレーニング:

  • ロールタイプ
  • 建設
  • メンテナンス
  • 研磨およびバランス調整
  • ロールカバー
  • iRoll および設備マネージャー

ドイツ、英国、北米、タイ、インドネシア、インド、ニュージーランドで実施